拠点一覧

ホーム拠点一覧学際・複合・新領域>拠点概要/世界を先導する原子力教育研究イニシアチブ

拠点概要

世界を先導する原子力教育研究イニシアチブ

 

専攻等名:
工学系研究科原子力国際専攻、システム創成学専攻、技術経営戦略学専攻
総合研究機構
新領域創成科学研究科、農学生命科学研究科、法学政治学研究科
生産技術研究所、情報学環・学際情報学府
リーダー:
田中 知 教授(工学系研究科原子力国際専攻)

 原子力利用の進展にともない、社会と原子力利用とのかかわりにおいて、個別断片的であった従来の原子力工学では解決できない多くの課題が生じています。理工学系の教育研究だけでは、この問題を正しく理解し対処できません。これは日本のみならず世界の原子力共通の問題です。

 

 地球環境保護とエネルギー安全保障のために原子力エネルギーの利点が世界的に再認識され、多数の原子力発電所の建設計画がすすむなど、原子力ルネッサンスと呼ばれる時代が到来しています。特に日本の原子力産業と研究開発は海外進出・国際化という歴史的転回点にあります。

 本拠点では文理の学際複合領域である原子力の特徴を世界に先駆けて教育研究に取り入れ、人文社会系科目を含む体系的原子力教育の基礎の上に次の3つのイニシアチブを一体的に推進し、豊かで安心な社会の実現に貢献します。

世界を先導する原子力教育イニシアチブ 拡大

1.原子力社会学は原子力利用に伴うリスク低減を目指した活動です。学内外との連携により原子力法工学、核不拡散、技術と社会の調和を教育研究します。原子力法工学は原子力規制法体系のあるべき姿を追求します。行政庁では法規そのものの良否を議論できません。原子力規制体系の問題点の検討、その分類整理、課題解決方法を総合大学としての東大の利点を生かして学内外との連携により教育研究します。核不拡散は原子力平和利用にとって重要です。核不拡散の技術と制度の課題を国内外の機関と共同で教育研究します。技術と社会の調和は原子力の国民理解の問題を扱います。原子力コミュニケーションのあるべき姿を検討し、科学技術全般に対するリテラシー向上など解決策を探ります。市民講座などを開催して実践的に研究教育を行ないます。

 

2.原子力エネルギーは未来型原子力エネルギーと発電プラントの安定で安全な運転を目ざした原子力プラント保全工学、放射性廃棄物処理処分を重点課題としています。利用にともなって発生する使用済み燃料のリサイクル・放射性廃棄物の処理処分と多数の原子力発電所の安全安定運転は環境にやさしく競争力ある未来型原子力エネルギーシステムとともに原子力エルギー利用の最重要課題でありそのフロンティアを開拓します。

 

3.放射線応用はがん治療の普及のために加速器や診断設備の小型化など研究開発的医学物理の展開を図っています。放射線の生命科学・環境応用などを行ないます。

拡大

 

<これから大学を目指す皆さんへ>

 原子力は世間を騒がせることも多いですが、これは社会と科学技術との関係の問題を一番先取りしているからではないでしょうか?

 原子力は環境問題のトリレンマの解決に役立ち、文理・理工の境界にある学際分野です。世界を変える学問と産業の新展開は学際・境界分野から発生します。皆様の挑戦を待っています。

 

 

 

 

 

 

 

拡大

 

田中 知(たなか さとる)

1977年東京大学工学系大学院博士課程修了。工学博士。
東京大学工学部助手、助教授を経て、現在、大学院工学系研究科原子力国際専攻教授。

専門は、核燃料サイクル、核融合工学、原子力と社会。

 

※平成22年4月1日より拠点リーダーは岡 芳明教授から田中 知教授に変わりました。