センター概要

コンセプト

伊藤国際学術研究センターは、伊藤雅俊氏(株式会社セブン&アイ・ホールディングス名誉会長)並びに伊藤伸子氏(同夫人)による、東京大学への寄附により、社会と東京大学との関わりを深めるための社会連携及び国際交流拠点として設立されました。 グローバルな視野を持ったリーダー育成の施設、学究のための国際会議・種々学会の施設、レセプションやファカルティクラブの施設としての役割を担うことが期待されています。

建物の特徴

香山壽夫東京大学名誉教授により設計された本センターは、本郷通りから東京大学へ向かう人に対して、キャンパスが最初に姿を現す場所にあります。「桜広場」を中心にすることでキャンパスの貴重な緑地を回復し、街に向かって開かれた知的な出会いの場となります。
この広場の下には約500人収容の講堂が配され、広場へ突き出した2つのトップライトは講堂に自然光を取り込むとともに広場を照らす光の筒となります。メインビルの外観は、4階までレンガ積み、5階を金属板による屋根階として表現しています。外観を分節することで、キャンパスの基調をなす内田ゴシック様式のスケールに合わせています。

▲ページ上部に戻る

外観・フロアマップ

外観

外観 本郷通り側

外観

外観 学内側

外観外観外観
 

地下2階

伊藤謝恩ホール・多目的スペース

地下2階
【クリックすると拡大します】

伊藤謝恩ホール外観

伊藤謝恩ホール内部
◆伊藤謝恩ホール
■100名~500名対応ホール(412㎡、最大489席、天井高6.4m)
・観客席(固定椅子):326席
・アリーナ(電源付き可動机・椅子):70席
・※アリーナはスタッキングチェア93席を追加可能
■プレミアム国際会議仕様
・最新音響・画像・通信設備
・220インチメインスクリーン
・200インチサブスクリーン(2面対応可能)
・12,000lmプロジェクター(3台)
・52型液晶ディスプレイ(2台)
・同時通訳ブース
・Active Field Control システム導入
■コンファレンスサポートサービス
・民間の業務委託先との連携によるプロフェッショナルサポート
・各種学会の企画、運営から事務局代行までワンストップサービスの提供
・イベントロジスティクスサポート
・イベント申し込み受付システム提供
・宿泊手配、VIP送迎手配
■付帯
・クローク設備付きホワイエ(390)
・控え室(6名×1室、4名×1室)
※但し、6名対応の控室は多目的スペースの予約状況によりご使用いただけない場合もあります。

多目的スペース
◆多目的スペース(332㎡、天井高3.5m)
■目的に応じたご利用
・レセプション、ケータリング
・ポスター展示、分科会
・80インチポータブルスクリーン
・3,500lmプロジェクター
・グランドピアノ

地下1階

ギャラリー1・ギャラリー2

地下1階
【クリックすると拡大します】

ギャラリー1
◆ギャラリー1(104㎡、天井高2.7m)
・定員 50名程度

ギャラリー2
◆ギャラリー2(53㎡、天井高2.7m)
・定員 30名程度
・180インチ液晶パネル付設

地上1階

レストラン

地上1階
【クリックすると拡大します】

レストラン
◆レストラン
・詳細については【レストラン(外部リンク)】をご覧下さい。

地上2階

小会議室1,2・ファカルティクラブ

地上2階
【クリックすると拡大します】

小会議室1
◆小会議室1(23㎡、天井高2.5m)
・定員 12名

小会議室2
◆小会議室2(15㎡、天井高2.5m)
・定員 6名

ファカルティクラブ
◆ファカルティクラブ(80㎡、天井高2.2m)
・定員 36名(着席)、50名(立食)

地上3階

特別会議室・中教室

地上3階
地上3階
【クリックすると拡大します】

特別会議室
◆特別会議室(104㎡、天井高4.4m)
・定員 37名
・多機能チェア、デスク
・スクリーン、プロジェクター

中教室
◆中教室(122㎡、天井高2.9m)
・定員 45名(65名)
・スクリーン、プロジェクター
・柔軟なレイアウト変更が可能 ・予備椅子20脚

▲ページ上部に戻る

教育・研究活動の紹介

エグゼクティブマネジメントプログラム(EMP)

EMP
2008年開設の社会人向けプログラム。東京大学が持つさまざまな分野における最先端の知識と思考を自らのものとし、さらに、深い智慧や教養に基づいた洞察力、そして、実際的で柔軟なコミュニケーション能力と実行力を併せ持つ、高い総合能力を備えた人材を育成することを目指す。

ホームページ >> http://www.emp.u-tokyo.ac.jp/

政策ビジョン研究センター(PARI)

PARI
東京大学が有する知的リソースを統合し、政策研究を行い、その成果を社会に発信していくことを使命として、2008年7月に創設。「東京大学の研究成果を活かした政策の選択肢の発信」、「多分野のネットワーク化による課題の探知」、「学内外の組織との交流による政策研究の活性化」といったシンクタンク機能を持つ発信機関。

ホームページ >> http://pari.u-tokyo.ac.jp/

「プラチナ社会」総括寄付講座

「プラチナ社会」総括寄付講座
東京大学が部局横断で全学的に取り組む寄付講座として5社(株式会社地球快適化インスティテュート、日本電信電話株式会社、富士フイルムホールディングス株式会社、三井不動産株式会社、株式会社LIXIL)の寄付により2012年4月に総長室に設置された。同総括寄付講座では、環境・エネルギー、高齢化社会、成長と雇用等の課題を解決する「プラチナ社会」を実現するための、理論的背景の整理、知の構造化による課題解決のフレームワークづくり、普及展開方策等に関する研究を行っている。

ホームページ >> http://platinum.u-tokyo.ac.jp

デジタルグリッド総括寄付講座

デジタルグリッド総括寄付講座
デジタルグリッド総括寄付講座は、既存の電力系統のインフラを極力活用しつつ、家庭やビル、病院や商業施設など小規模なものからより大きなコミュニティ、市、県といった大規模なものまで、自立可能な単位に区分していき、災害に強く、安定で、強固な電力網の再構築を目的として平成24年6月1日に創設。情報技術と電力技術を融合し、「電力インターネット」ともいえる新しい電力流通網の学際研究を情報工学、電力工学、経営工学、経済学、社会学等の集合知により実施する。

ホームページ >> http://digitalgrid.u-tokyo.ac.jp/

▲ページ上部に戻る