このページのトップです。
東京大学ホーム > 大学案内 > 法人文書の情報公開について > 法人文書の情報公開について
space
space
space

情報公開

法人文書の情報公開について

「独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律」(平成14年10月1日施行)により、どなたでも、東京大学に対して、東京大学の保有する法人文書の開示を請求することができます。

[開示請求に必要な経費・・・・請求手数料(300円)+実施手数料]

開示請求の際に、請求手数料として300円が、必要になります。その後、開示の実施を受ける際に、開示実施手数料が必要となります。【法人文書開示請求件数の取扱の見直しについて(お知らせ)】 (24KB)

開示実施手数料は、定められた算定方法にしたがって計算し、その金額が300円までであれば無料です。300円を超える場合は、該当金額から300円を差し引いた金額となります。

開示方法 開示枚数等 開示実施手数料
閲覧する場合100枚ごとに100円 1~300枚まで 無料
301~400枚まで 100円
401~500枚まで 200円
写しの交付を受ける場合A4版1頁につき10円 1頁~30頁まで 無料
31頁の場合 10円
32頁の場合 20円
* さらなる開示の実施に係る実施手数料は、上記と異なります。その他の開示実施手数料については、開示手数料を参照してください。

[法人文書ファイル管理簿の検索]

本学が保有する法人文書ファイルの検索ができます。

 

[本学の広報資料]

本学の広報資料は、広報センターで閲覧(無料)ができます。

space