このページのトップです。
space

「やっぱり物理が好き! ~物理に進んだ女子学生・院生のキャリア~」を開催 (カブリ数物連携宇宙研究機構)

2016年11月19日 (土) カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)と物性研究所、宇宙線研究所の主催により、物理を学ぶ女子学部生及び女子大学院生の支援を目的に「やっぱり物理が好き! ~物理に進んだ女子学生・院生のキャリア~」をKavli IPMU棟 (東京大学柏キャンパス) で開催しました。当日はあいにくの悪天候でしたが、33名の参加がありました。本イベントは、物理学科出身の様々な講師の方をお招きしキャリアパスを提示すると共に、参加者同士のネットワーク作りや物理学分野 (素粒子・原...

続きを読む

image1

スーパーコンピュータ Oakforest-PACS の運用開始記念式典が開催されました (情報基盤センター)

東京大学情報基盤センター(センター長:中村宏)と筑波大学計算科学研究センター(センター長:梅村雅之)が共同運営する「最先端共同HPC基盤施設」(JCAHPC:Joint Center for Advanced High Performance Computing、施設長:中村宏)において日本最高性能に認定されたスーパーコンピュータ Oakforest-PACS の運用開始記念式典が12月2日(金)に設置場所である柏キャンパスで開催されました。式典には、文部科学省研究振興局長・小松弥生氏を始...

続きを読む

image2

第12回プレジデンツ・カウンシルの開催 (国際本部)

平成26年11月25日(金)、第12回プレジデンツ・カウンシル会議が東京大学本郷キャンパス内伊藤国際学術研究センター中教室において開催されました。   今回の会議には、15名のカウンシル・メンバー(※下記に掲載)を迎え、五神真総長および役員らが出席し、意見交換が行われました。 冒頭に、“The University of Tokyo in a Changing World"と題して総長よりスピーチが行われた後、世界における東京大学の役割及び産学協創について活...

続きを読む

image3

113番元素名の「ニホニウム」正式決定にあたって(総長談話) (広報室)

 このたび、森田浩介博士をはじめとする理化学研究所のグループが発見した113番元素の名称が、国際純正応用化学連合(IUPAC)によって「ニホニウム」と正式決定されました。東京大学を代表して、心からお祝いを申し上げます。  これは、長岡半太郎博士、仁科芳雄博士以来の長年にわたる我が国の原子核物理学研究の賜物であり、我が国の基礎科学と先端技術の先進性の現れでもあります。この素晴らしい成果に、東京大学も量子ビーム加速を通じて貢献させていただきましたが、引き続きこのような学術基盤を担う研究の発...

続きを読む

image4

スーパーカミオカンデ 一般公開を開催しました。 (宇宙線研究所)

2016年11月26日(土)、スーパーカミオカンデ 一般公開を、主催 東京大学宇宙線研究所・宇宙まるごと創生塾飛騨アカデミー・飛騨市、協力 Kavli IPMU・神岡鉱業(株)・飛騨信用組合にて開催しました。実験施設公開には事前申込で当選された300名の方にご参加いただきました。 天気が悪ければ雪になりそうな寒さの中、晴天に恵まれ、参加者の方を乗せたバスが岐阜県飛騨市神岡町公民館を出発しました。20分ほど走ると神岡鉱山の入り口のトンネルに到着。専用のバスに乗り換えて坑道へ入ります。スーパーカミ...

続きを読む

image5
space
space
  • 重要なお知らせ
  • トピックス
  • お知らせ
  • イベント
  • UTokyo Research