TOP > 注意事項・危機管理 > 個人応募の際の注意

個人応募の際の注意

 大学を通さず、個人応募で留学などを行う場合、手続きなどをすべて自己責任で進めることになり、費用面なども含め十分な準備が必要となります。

 

個人応募で留学する場合の注意事項

 

  1. 十分な情報収集
    大学を通さない個人応募での参加となるため、手続き等をすべて自己責任で進めることになります。期間やプログラムの内容、費用、参加条件など予め十分な情報収集を行ってください。留学斡旋業者を利用する場合は、自分自身の責任と判断により、自分の目的に合った業者・プログラムを選んでください。
    参考:日本学生支援機構ウェブサイト「留学斡旋業者の利用について」
  2. 東京大学での所属学部・研究科等への確認・相談
    参加手続きを進める前に、プログラム参加時の東京大学での所属学部・研究科等の担当部署に相談し、海外での留学プログラム等に参加する場合の留意点の説明を十分受け、必要な手続きについて確認してください。また、指導教員等にも事前に十分相談するようにしてください。
  3. 留学中の安全確保と危機管理
    本ウェブサイトの「安全と危機管理」のページや、『海外渡航危機管理ガイドブック』を熟読の上、安全の確保に努めてください。

 

このページの先頭へ