このページのトップです。
東京大学ホーム > イベント一覧 > 2017年 > 公開シンポジウム「人生のはじまりを豊かに~乳幼児の発達・保育研究のイノベーション~」
space
掲載年
フリーワード
space
space

イベント

公開シンポジウム「人生のはじまりを豊かに~乳幼児の発達・保育研究のイノベーション~」 (教育学研究科・教育学部)

2017年07月11日掲載

このイベントは終了しました。

区分 講演会等
対象者 社会人・一般 / 在学生 / 大学生
開催日 2017年08月06日 11:00 ~ 17:00
開催場所 本郷地区
会場 安田講堂
定員 1000名
参加費 無料
申込方法 要事前申込
発達保育実践政策学センターのウェブサイトよりお申し込みください。
イベント詳細・申し込みはこちら
http://www.cedep.p.u-tokyo.ac.jp/event/6314/
申込受付期間
概要

***************************
発達保育実践政策学センター(Cedep) 2017年度公開シンポジウム
 「人生のはじまりを豊かに~乳幼児の発達・保育研究のイノベーション~」
***************************
 
田熊美保氏(OECD教育スキル局シニア政策アナリスト)をお招きし、最新のOECD保育白書「Starting StrongV」についてご講演いただいた後、本センターの研究プロジェクトについて報告を行います。
得られた知見から保育実践や政策のあり方について議論を深めるとともに、未来社会の創造に資する発達・保育研究の新しい方向性を探っていきたいと考えています。
 
【日時】 2017年8月6日11:00-17:00 (開場10:15~)
 
【会場】 東京大学安田講堂
 
【主催】 東京大学大学院教育学研究科附属 発達保育実践政策学センター
 
【プログラム】
□ 午前の部(11:00~12:30):基調講演
Starting Strong V:日本の発達・保育研究の今後に向けて」
田熊美保(OECD教育スキル局シニア政策アナリスト)
 
指定討論/小松親次郎(文部科学審議官)
        小玉重夫(東京大学大学院教育学研究科長)
 
□ 午後の部(13:30~17:00):Cedep調査・研究報告
 
Cedep最新調査研究紹介:スマート保育への挑戦
2016年度Cedep調査報告
保育・幼児教育施設の園庭調査
「幼児教育の推進体制構築事業」実施に係る調査分析
病棟保育に関する調査
 
討論・解説/秋田喜代美・遠藤利彦・村上祐介(Cedep)
 
【定員】 先着1000名(参加費無料)
 



「人生のはじまりを豊かに」フライヤー

関連URL http://www.cedep.p.u-tokyo.ac.jp/
お問い合わせ先 東京大学大学院教育学研究科附属 発達保育実践政策学センター
cedep [at] p.u-tokyo.ac.jp (※[at]を@に置き換えて送信してください)
 
space