このページのトップです。
東京大学ホーム > イベント一覧 > 2017年 > Google パリサ・タブリズ女史講演会 “Google's 'Security Princess' on Hacking, Hiring, and Women in Tech"
space
掲載年
フリーワード
space
space

イベント

Google パリサ・タブリズ女史講演会 “Google's 'Security Princess' on Hacking, Hiring, and Women in Tech" (情報理工学系研究科)

2017年01月27日掲載

このイベントは終了しました。

区分 講演会等
対象者 社会人・一般 / 在学生 / 大学生
開催日 2017年02月10日 17:00 ~ 18:30
開催場所 本郷地区
会場 工学部2号館 1F 講義室212号室 ※会場が変更になりました。
定員
参加費 無料
申込受付期間
概要

 Google パリサ・タブリズ女史講演会
“Google's 'Security Princess' on Hacking, Hiring, and Women in Tech”


主 催:東京大学 大学院情報理工学系研究科
協 力:Google
日 時:2017年2月10日(金) 17:00-18:30 (16:30受付開始)
場 所:工学部2号館 1F 講義室212号室 
      ※会場が変更になりました。      
講 師:
Google セキュリティ プリンセス Parisa Tabriz (パリサ・タブリズ)女史
Googleのセキュリティチームで「雇われハッカー」(ソフトウェアエンジニア)として活動を始め、約10年に渡りGoogleにて情報セキュリティに携わる。エンジニアとして日々、グーグルのウェブアプリケーションの脆弱性を発見・修復し、他のエンジニアへの教育にも取り組む。     
現在、パリサはGoogleのChrome(クローム)セキュリティエンジニアリングチームを統括し、クロームを最も安全なブラウザとしユーザーが安全にウェブを活用できるように取り組んでいる。2012年にはForbesのテクノロジー分野における30歳以下のパイオニア30人に選出され、同年、ELLEやWired誌上に単独で取り上げられている。2014年には休暇を活用しホワイトハウスの米国デジタルサービスプロジェクトに参画し、政府のテクノロジーセキュリティ向上に取り組んだ。ハッキングをしていない時は、美術や料理などのものづくりや、シリコンバレーを抜け出し、ハイキングやロッククライミングを楽しんでいる。

概 要:コンピューターセキュリティ、女子のIT教育活動等に関する講演、及び、質疑応答 

プログラム:
17:00-17:05 Opening Remarks
17:05-18:05 Lecture
18:05-18:25 QA Session
18:25-18:30 Closing Remarks 
                         
言 語:英語(通訳なし) 
対 象:社会人・一般 / 在学生 /大学生
参加費:無料
申込方法:参加ご希望の方は、参加者人数と聴衆のタイプの把握のため、下記の専用フォームより、質問にお答えいただけますと幸いです。(当日参加も可能です。)
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf-7XEPJV5muTgTIVnHaWzz4QdmUqN5oN6jtGzMUquoZO3LLQ/viewform

問合せ先:東京大学 大学院情報理工学系研究科 広報室 TEL: 03-5841-8981


関連URL
お問い合わせ先 問合せ先:東京大学 大学院情報理工学系研究科 広報室 TEL: 03-5841-8981
 
space