このページのトップです。
東京大学ホーム > イベント一覧 > 2018年 > 第30回CEEシンポジウム「CEE 10年の歩みと未来への提言 」
space
掲載年
フリーワード
space
space

イベント

第30回CEEシンポジウム「CEE 10年の歩みと未来への提言 」 (生産技術研究所)

2018年01月12日掲載

区分 講演会等
対象者 社会人・一般 / 在学生 / 卒業生 / 企業 / 大学生
開催日 2018年01月31日 13:30 ~ 17:45
開催場所 駒場地区
会場 生産技術研究所 An棟2階 コンベンションホール
定員 250名
参加費 無料
意見交換会は有料。会費:3,000 円(当日、受付にてお支払いください)
申込方法 要事前申込
以下のCEEホームページより必要事項を入力の上、お申込みください。
https://www.energy.iis.u-tokyo.ac.jp/html_seminar/s20180131.html
※申込締切:定員に達した時点、または2018年1月26日(金)
※当日申込受付の予定はございません。
申込受付期間
概要

第30回CEEシンポジウム「CEE 10年の歩みと未来への提言 」

主催:東京大学 エネルギー工学連携研究センター(CEE)
共催:東京大学 先端電力エネルギー・環境技術教育研究センター(APET)
     東京大学 エネルギー・資源フロンティアセンター(FRCER)
趣旨:
あらゆる社会経済活動を支えるインフラであるエネルギー需給には、現在、10年後、100年後など、それぞれの時点で経済性、環境性、供給安定性、そして安全性(3E+S)を確保し、かつ持続可能な姿を実現することが求められる。 短中期的には、現在のインフラを利用しつつ再生可能エネルギーを最大限導入する必要があり、一方で超長期的には真の低炭素社会を実現するために、民生、産業、運輸、転換の各部門のエネルギー需給構造全体の質的な転換が必要である。
CEEでは2008年の設置以来、継続的に我が国のエネルギーを議論してきた。 本シンポジウムでは、過去10年間のCEEの活動を振り返るとともに、短中期的そして超長期的な視点で、持続可能な社会を実現するためのエネルギー需給の課題、およびその克服方法について議論する。

※当日プログラムなどは関連URLをご参照ください。


関連URL https://www.energy.iis.u-tokyo.ac.jp/html_seminar/s20180131.html
お問い合わせ先 東京大学エネルギー工学連携研究センター(CEE)事務局
TEL & FAX :03-5452-6776
E-mail:cee [at] iis.u-tokyo.ac.jp
 
space