このページのトップです。
東京大学ホーム > イベント一覧 > 2018年 > シンポジウム「大学入学者選抜における英語試験のあり方をめぐって」
space
掲載年
フリーワード
space
space

イベント

シンポジウム「大学入学者選抜における英語試験のあり方をめぐって」 (高大接続研究開発センター)

2018年01月10日掲載

区分 講演会等
対象者 社会人・一般
開催日 2018年02月10日 13:30 ~ 17:30
開催場所 本郷地区
会場 工学部2号館213大講堂(建物までの地図
定員 (ウェブ参加登録の定員)280名
参加費 無料
申込方法 要事前申込

参加登録フォームからご登録ください。
登録〆切は2月2日(金)17時ですが、定員になり次第、受付を終了させていただきます。

定員に達したため受付を終了しました

申込受付期間 ~ 2018年02月02日
概要

開催の趣旨

いま大きな注目を集めている大学入学者選抜改革における英語試験のあり方について理解を深め、各大学における今後の方向性の検討に役立てるよう、関係各方面を代表する方々に一堂に会していただき、ご講演・ご討論いただきます。フロアからのご質問も歓迎します。
 

プログラム

開会の挨拶 石井 洋二郎 東京大学理事・副学長
講演

山田 泰造 文部科学省高等教育局大学振興課大学入試室長
「大学入学共通テストにおける英語試験について」

片峰 茂 前・長崎大学長 前・国立大学協会入試委員長
「国立大学の入学者選抜における英語試験について」

込山 智之 ベネッセコーポレーションGTEC開発部長
「英語民間試験の立場から」

羽藤 由美 京都工芸繊維大学教授
「スピーキングテストの開発・運営から見えてきたもの」

阿部 公彦 東京大学准教授
「スピーキング入試でスピーキング力は上がるか」

宮本 久也 東京都立西高等学校長 全国高等学校長協会長
「これからの大学入学者選抜に望むこと」

討論 山田 泰造・片峰 茂・込山 智之・羽藤 由美・阿部 公彦・宮本 久也
司会 南風原 朝和 東京大学高大接続研究開発センター長
 

ポスター

シンポジウムのポスター(PDF形式:6.9MB)をダウンロード





関連URL http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/adm/koudai/sympo2018.02.10.html
お問い合わせ先 東京大学高大接続研究開発センター
E-MAIL: koudai.adm*gs.mail.u-tokyo.ac.jp (*を@に変更してください)
TEL: 03-5841-2529 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
 
space