このページのトップです。
東京大学ホーム > イベント一覧 > 2017年 > 【第177回東文研・ASNET共催セミナー】アジアで類人猿を研究する/Study Apes in Asia
space
掲載年
フリーワード
space
space

イベント

【第177回東文研・ASNET共催セミナー】アジアで類人猿を研究する/Study Apes in Asia (日本・アジアに関する教育研究ネットワーク)

2017年12月06日掲載

このイベントは終了しました。

区分 研究会等
対象者 社会人・一般 / 在学生 / 受験生 / 留学生 / 卒業生 / 大学生
開催日 2017年12月14日 17:00 ~ 18:00
開催場所 本郷地区
会場 東京大学 東洋文化研究所1階ロビー
Lobby, Ground floor, Institute for Advanced Studies on Asia, The University of Tokyo
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_12_02_j.html
定員 20名
参加費 無料
申込方法 事前申込不要
申込受付期間
概要

報告者/Speaker 松平一成氏(東京大学理学系研究科・特任研究員)

コメンテーター /Commentator 菅豊氏(東京大学東洋文化研究所・教授)

要旨/Abstract 霊長類(「サル」の仲間)の研究は、私たちヒトの生物学的、進化学的な理解に重要な分野のひとつです。中でも特にヒトに近縁なチンパンジー、ゴリラといったアフリカに住む大型類人猿については、多くの研究が各地の調査地で行われています。一方で、アジアに住む類人猿であるオランウータンとテナガザルの研究は、脚光を浴びることなく、細々と続けられてきました。本報告会では、これまでテナガザルの研究によって明らかになってきた、彼らの意外にも(?)ヒトに似通った社会や、興味深い特徴について、4年間のタイでの研究員生活も含め、紹介いたします。





関連URL https://asnet-utokyo.jp/studies/seminar/3910
お問い合わせ先 東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
TEL: 03-5841-5868 / FAX: 03-5841-0782
E-mail: asnet@asnet.u-tokyo.ac.jp
 
space