このページのトップです。
東京大学ホーム > お知らせ一覧 > 2014年 > 新聞報道について
space
掲載年
フリーワード
space
space

お知らせ

新聞報道について [その他] (本部研究推進企画課)

2014年06月03日掲載

                                                                  東京大学

 本日6月3日付けの朝日新聞朝刊において、「研究不正疑惑 東大のモラルを問う」という題名の社説が掲載されました。東京大学にあっては、「東京大学の科学研究における行動規範」、さらには本年3月に策定した「研究倫理アクションプラン-高い研究倫理を東京大学の精神風土に」に示されている考え方が、研究活動における当然の前提となるものです。また、研究不正の疑いなどのコンプライアンス事案が生じた場合には、学内規則にのっとり適正な手続きを尽くすことを通じて事実と責任を解明し、これを公表するということが、東京大学の従来からの一貫した姿勢です。

 同社説において取り上げられている各案件については、現在、外部有識者も含めた調査委員会等において鋭意調査を進めております。本学としては、できるだけ速やかに調査委員会の結果をとりまとめ、十分に正確な事実を踏まえた上で報告し、 説明責任を果たしてまいります。



以下、参照ください。
--------------------
・行動規範について
・研究倫理アクションプランについて
・コンプライアンス基本規則について
・科学研究行動規範委員会規則について
--------------------

--------------------
・記者会見(6月24日実施)
--------------------

対象者: 社会人・一般


space