このページのトップです。
東京大学ホーム > お知らせ一覧 > 2016年 > 協創プラットフォーム開発1号ファンドへの出資金認可
space
掲載年
フリーワード
space
space

お知らせ

協創プラットフォーム開発1号ファンドへの出資金認可 [その他] (本部産学連携推進課)

2016年10月21日掲載


協創プラットフォーム開発1号ファンドへの出資金230億円が認可されました。

東京大学が設立・出資した東京大学協創プラットフォーム開発株式会社が平成28年7月25日付けで提出した「特定研究成果活用支援事業計画」が同年8月29日に文部科学省・経済産業省の両省から認定されました。
これを受け、国立大学法人法の規定に基づき、協創プラットフォーム開発1号投資事業有限責任組合に対する本学からの出資金についての「出資に係る認可申請書」を文部科学大臣に提出していたところ、同年10月5日に認可されました。
なお、東京大学協創プラットフォーム開発株式会社は、通常のベンチャーキャピタルがベンチャー企業に早い段階から直接投資するベンチャーキャピタルとは異なり、間接投資又は共同投資を行う会社です。

【出資の概要】
1.出資先
(1)名 称 協創プラットフォーム開発1号投資事業有限責任組合
(2)住 所 東京都文京区本郷三丁目40番10号
(3)代表者名 無限責任組合員
           東京大学協創プラットフォーム開発株式会社
           代表取締役社長 大泉 克彦
2.出資する額 230億円
3.出資を行おうとする時期 組合設立日
4.出資を必要とする理由 組合設立に伴い、ベンチャー企業等への投資資金として出資し、
   東京大学における技術に関する研究成果の事業化を推進するため。


【ファンドの概要】

① 質と量の充実したベンチャーキャピタ ルと連携したベンチャー創出
○ シード・アーリー段階を支えるリスク マネーの供給と質の高いベンチャーキャピタルの育成 ⇒間接投資
○ 成長の後押しなど、ミドル以降のベンチャーに対する支援 ⇒共同直接投資

 

対象者: 社会人・一般 / 在学生 / 受験生 / 留学生 / 卒業生 / 企業


space