このページのトップです。
東京大学ホーム > お知らせ一覧 > 2017年 > 東京大学 アムジェン・スカラーズ・プログラム 2018 参加学生募集中!
space
掲載年
フリーワード
space
space

お知らせ

東京大学 アムジェン・スカラーズ・プログラム 2018 参加学生募集中! [募集] (本部国際交流課)

2017年11月24日掲載

全国のバイオ系研究者を目指す学部学生のみなさん!

東京大学 アムジェン・スカラーズ・プログラム(UTokyo Amgen Scholars Program)では
2018年プログラムへの参加学生を募集しています。



Amgen Scholars Program とは:
米国Amgen Foundationの支援により、主にバイオ系分野を専攻する学部学生を対象に、世界のトップ校の整っ
た研究環境において、実践的、専門的かつ集中的な研究体験の場を提供する夏季短期プログラムです。

2006年にアメリカ、2008年にヨーロッパで始まり、2017年は世界17の大学・機関で開催されました。

Amgen Scholars Program は、国内では2015年から東京大学と京都大学にて実施されており、日本を含
む全世界から学生が参加しています。(日本国内の大学に在籍する学生が参加できるのは、この2つの大学で実施
するプログラムのみ。)高い意欲を持つ留学生と、2ヶ月間同じ宿舎に滞在し、様々なイベントを通じて未来へと続く
交流を深めながら、最先端の研究活動を体験できる…それがUTokyo Amgen Scholars Programです。


                    <<< UTokyo Amgen Scholars Program 2018 >>>

【プログラムの概要】
・東京大学内のバイオ系研究室において、教員の指導のもと、実践的かつ専門的研究活動を行う
・研究内容についてポスターを作成し、プレゼンテーションを行う(*使用言語は英語)
・京都大学プログラムと合同で実施するシンポジウムに参加(*使用言語は英語)
・奨学金として30万円(国内大学在学生の場合)を支給
・東京大学本郷キャンパス近くの宿舎を無料提供(*参加者全員同じ宿舎となります)
・参加者、東京大学教員および在学生らとの交流会や小旅行など、各種課外活動も多数開催

【実施期間】
2018年6月11日(月) -  2018年8月6日(月)
*原則として全日程参加すること。(ただし所属大学・学部の行事の理由による相談に応じる場合もある。)

【研究対象分野】
生物科学 / 生物工学 / 生物情報学 / 生物心理学 / バイオテクノロジー / 化学・生物分子工学 / 化学 /
免疫学 / 医科薬理学 / 微生物学 / 分子・細胞・発生生物学 / 分子遺伝学 / 分子医学 / 分子薬理学 /
神経生物学 / 神経科学/ 病理学 / 生理心理学 / 生理学 / 統計学 / 毒物学

【受入研究室】
大学院工学系研究科 / 大学院理学系研究科 / 大学院農学生命科学研究科 / 大学院薬学系研究科 /
生産技術研究所 

【応募資格】
・学士号を取得できる四年制大学に所属する学部学生であること
・プログラム開始時までに学部1年生を終了していること、かつプログラム終了後の次学期も引き続き学部課程を
 履修する予定であること
・成績優秀であること
・博士課程進学に興味があること
・次のいずれかの英語能力要件を満たすこと:
  - TOEFL (iBT) 72 以上
  - IELTS overall band score 5.5 以上
  - TOEIC L&R 785 以上
  - TOEIC S&W 310 以上
  - Cambridge English FCE 以上

【募集人数】
約20名(うち日本国内大学から約5名)

【応募期間】
2017年11月1日(水) -  2018年2月1日(木)午後3:00

【詳細および応募】
下記ウェブサイトをご覧下さい。(*英語のみ)
http://www.u-tokyo.ac.jp/en/prospective-students/amgen_program.html

【問い合わせ先】
UTokyo Amgen Scholars Program 事務局(本部国際交流課内)
TEL:(03)5841-0773
メールアドレス:amgenscholars.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp


未来の科学者を目指すみなさんのご応募をお待ちしています!

 

関連URL:http://www.u-tokyo.ac.jp/en/prospective-students/amgen_program.html

対象者: 社会人・一般 / 在学生 / 留学生



2017年シンポジウム終了後、京都大学プログラム参加者と共に
space