このページのトップです。
東京大学ホーム > お知らせ一覧 > 2015年 > 南部陽一郎先生の訃報に接して(総長談話)
space
掲載年
フリーワード
space
space

お知らせ

南部陽一郎先生の訃報に接して(総長談話) [その他] (広報室)

2015年07月21日掲載

本学の卒業生であり2008年ノーベル物理学賞受賞者である南部陽一郎先生の突然の訃報に接し、深い哀悼の意を表します。

南部先生は、旧制第一高等学校を経て、1942年東京帝国大学の理学部物理学科を卒業されました。卒業後直ちに陸軍に召集されレーダー研究所などに配属された後、終戦を経て、1946年からは本学理学部物理学科の嘱託、助手を務められました。1952年には、本学から理学博士の学位を授与されました。南部先生の基礎物理学に対する数々の偉大なご貢献については、広く報道されているとおりです。

私は、本年4月に行われた東京大学大学院入学式における総長式辞の中で、大きな野心と夢をもって未踏の領域に進む、挑戦の精神の重要さを学生諸君に伝えました。その挑戦の精神を以て未踏の学問領域を切り拓いた本学の先輩として、南部陽一郎先生を紹介させていただきました。2012年に発見された素粒子、ヒッグス粒子はすべての物質の質量の起源と言われています。このヒッグス粒子を予言する理論の源泉は、南部先生が1960年に提案された「自発的対称性の破れ」という考え方にありました。私は、学問のパラダイムシフトをもたらした南部先生の発想のすばらしさに深く感動し、学生諸君にそのエピソードを紹介しました。

東京大学は、深い教養と世界的視野をもった市民的エリートたる、新しい価値創造に挑む知のプロフェッショナルの育成を目指しています。南部先生は、本学を代表する卒業生の一人として、本学の目指すべき道を、生涯をかけて示されたと思います。先生の学術への多大なご貢献に感謝申し上げるとともに、先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 

平成27年7月21日
東京大学総長 五神真

対象者: 社会人・一般 / 在学生 / 受験生 / 留学生 / 卒業生 / 企業


space