このページのトップです。
東京大学ホーム > トピックス一覧 > 2017年 > 「木簡・くずし字解読システム―MOJIZO―」スマホ・タブレット版の公開に関するお知らせ
space
掲載年
フリーワード
space
space

トピックス

「木簡・くずし字解読システム―MOJIZO―」スマホ・タブレット版の公開に関するお知らせ (史料編纂所)

2017年03月17日掲載

実施日: 2017年03月17日

 このたび、史料編纂所と奈良文化財研究所(以下、奈文研)は、昨年3月25日に公開しました、「木簡・くずし字解読システム-MOJIZO-」に、スマホ・タブレット版を公開することになりました。
 MOJIZOは、文字画像からその文字が何であるかを推定するシステムで、奈文研側の木簡画像と史料編纂所側のくずし字画像から形状の近似する字形が表示されます。
 文字が読めなくても似た字形の画像を探すことができる画期的なシステムということで、公開以来、約1年で合計22万件余のアクセスをいただきました(2017年2月末現在)。
 今回、スマホやタブレットなど、小型の画面サイズにも対応させることで、利便性のさらなる向上をめざしています。近年、木簡や古文書の文字の解読に関するアプリや支援システムの開発が進み、これらを使用すれば、専門家だけでなく、誰でも簡単に解読できる時代となりつつあります。今回さらに、小型の端末に対応させることで、いつでもどこでも、気軽にシステムを利用してもらえることをねがい、スマホ・タブレット版を開発したところです。
 また、あわせまして海外においても木簡や古文書の文字への関心が高まりつつある状況を踏まえて、外国語案内の充実化を図り、日本の文字文化に親しんでもらえることをめざしました。

http://mojizo.nabunken.go.jp/
http://clioapi.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/ZClient/W34/

関連URL: 



スマホ・タブレット版利用イメージ
 
space