このページのトップです。
東京大学ホーム > トピックス一覧 > 2017年 > 飛騨市と宇宙線研究所が連携協力協定を締結しました
space
掲載年
フリーワード
space
space

トピックス

飛騨市と宇宙線研究所が連携協力協定を締結しました (宇宙線研究所)

2017年01月31日掲載

実施日: 2017年01月22日

飛騨市と宇宙線研究所の連携協力協定締結式が2017年1月22日、岐阜県飛騨市文化交流センターで行われました。

スーパーカミオカンデやKAGRAなど、宇宙線研究所の主要な実験施設が岐阜県飛騨市に設置されていることから、これまでも飛騨市や市民の方のご協力により研究を進めて参りました。このたびは学術研究の発展、人材の育成、地域社会の発展などを目的とし、さらなる協力関係を築くため、協定が取り交わされました。都竹淳也 飛騨市長と梶田隆章 宇宙線研究所研究所長が相互の発展を願って協定書に署名を行いました。

その後、梶田隆章所長の「神岡地下での科学研究」と題する特別講演会が行われ、約500名の方にご参加いただきました。梶田所長は神岡での研究を紹介し「飛騨市の方々のおかげで研究を進めることができました。これからも応援よろしくお願いします」と地元の人たちに感謝の言葉を述べました。会場からは温かい拍手が起こっていました。



協定を交わした都竹市長(左)と梶田所長
 
space