このページのトップです。
東京大学ホーム > トピックス一覧 > 2017年 > 若手新任教員のためのウェルカム・ワークショップを開催
space
掲載年
フリーワード
space
space

トピックス

若手新任教員のためのウェルカム・ワークショップを開催 (大学総合教育研究センター)

2017年03月28日掲載

実施日: 2017年03月17日

2017年3月17日(金)、新任教員のためのワークショップ・プロジェクトDive! *の初めてのワークショップ「東大教員になった!これからどうする?:若手新任教員のためのウェルカム・ワークショップ」を開催しました。

伊藤国際学術研究センター・特別会議室でおこなわれた本ワークショップには、18の部局から、着任4年未満の 教員26名が参加しました。開会前には教育学研究科の本田由紀教授のインタビュー映像を上映しました。大学総合教育研究センター・中原淳准教授による開会挨拶と趣旨説明に続き、同センター教育課程・方法開発部門のスタッフによるファシリテーションのもと、教員生活の悩みや不安を共有・整理するワークや、日々の仕事で得た手応えや今後のキャリアについての考えをまとめて発表し合うワークなどをおこないました。また、教員生活に役立つさまざまなリソースについての情報提供をおこないました。**

 所属も研究分野も異なる教員が交流し、悩みや課題を共有するという機会はなかなか得にくいものです。参加者からは「他分野の教員と知り合う貴重な機会になった」「似た立場だがバックグラウンドの異なる人と話せて楽しかった」「自分だけじゃないということを実感できた」といった感想が聞かれました。参加者の男女比がちょうど1:1だったのも印象的でした。

 Dive!プロジェクトでは、新任教員が次世代を担う研究者、 また本学の教育の担い手として活躍するための手助けになることを目指して、今後もワークショップを企画してまいります。
 
* Dive!プロジェクトについて、詳しくはこちらをご覧ください。http://www.utokyofd.com/dive/
** ワークショップで紹介したリソースは、東京大学ファカルティ・ディベロップメントのWebサイト内で公開しています。http://www.utokyofd.com/dive/resources

関連URL:http://www.utokyofd.com/archives/951/



開会前の様子

新任教員としての「もやもや」を共有・整理するワーク

終了後の記念写真
 
space