このページのトップです。
東京大学ホーム > トピックス一覧 > 2017年 > Kavli IPMU 10周年記念式典及びシンポジウムを開催
space
掲載年
フリーワード
space
space

トピックス

Kavli IPMU 10周年記念式典及びシンポジウムを開催 (カブリ数物連携宇宙研究機構)

2017年11月08日掲載

実施日: 2017年10月16日

2017年10月16日 (月)、カブリ数物連携宇宙研究機構 (Kavli IPMU) は10周年記念式典を開催しました。Kavli IPMU は、世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)に東京大学が採択されたことを契機に数物連携宇宙研究機構 (IPMU) として2007年10月に設立され、今年で10周年を迎えました。世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)は、優れた研究環境と高い研究水準を誇り、世界から第一線の研究者が集まる 「目に見える」研究拠点の構築を目指す文部科学省の事業です。ゼロから始まった機構は、現在では構成員の半分以上を外国人研究者が占めるまでになり、数学、物理、天文学の3つの分野の研究者が宇宙に関する融合研究を行う世界でも珍しい研究所へと成長しています。

式典には、ご来賓の方々、学内関係者、Kavli IPMU の新旧構成員らなど約230名が参加しました。普段は15時からのティータイムが行われ研究者の活発な議論の場となっている、Kavli IPMU 研究棟3階の藤原交流広場が式典会場でした。東京大学音楽部管弦楽団の弦楽四重奏の演奏が流れる中、次々と出席者が集まり、式典の開始となりました。

当日は、五神真 総長、柏キャンパス共同学術経営委員会委員長の瀧川仁 物性研究所所長、フィールズ賞受賞者の Shing-Tung Yau 氏、ノーベル物理学賞受賞者の David Gross 氏、関靖直 文部科学省研究振興局長、秋山浩保 柏市長、宇川彰 WPI プログラム・ディレクター、Kavli IPMU 外部諮問委員会委員長の Steven Kahn スタンフォード大学教授、Robert W. Conn カブリ財団理事長にご祝辞をいただきました。

五神総長は、Kavli IPMU が論文の引用数でプリンストン高等研究所など名だたる世界の研究所と競合するほどになっていること、Kavli IPMU で始めた外国人研究者受入れシステムの多くが東京大学全体のシステム改革へ影響をもたらしていることなどを紹介し、東京大学として Kavli IPMU を今後もサポートしていくことを述べました。更に、今年10月に東京大学に新たに設立された WPI のニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)についても言及し、Kavli IPMU と IRCN の連携による東京大学の国際化の一層の推進に期待すると述べました。

柏キャンパス共同学術経営委員会委員長を兼ねる瀧川仁物性研究所所長からは、Kavli IPMU の設立によって柏キャンパスに国際的な雰囲気と多様性がもたらされたこと、物性研とKavli IPMU との共同のワークショップの開催等によって、科学的にも優れた論文が生まれていることの紹介がありました。

そのほか、Kavli IPMU の10年を振り返るビデオ、Kavli IPMU と同じくカブリ財団より寄附を受ける世界の他のカブリ研究所からのビデオレターの上映、Kavli IPMU の研究者を代表して、Mikhail Kapranov 教授と Thomas Melia 特任助教の挨拶、最後に村山斉 Kavli IPMU 機構長の挨拶がありました。

全ての挨拶が終わり集合写真を撮影した後には、村山斉機構長によるコントラバスの演奏も加わった、研究者と事務職員などで構成される Kavli IPMU 室内管弦楽団と東京大学音楽部管弦楽団による、ベートーヴェンの「交響曲第9番」の演奏があり、出席者も一体となって「歓喜の歌」を合唱。2曲目のヨハン・シュトラウス1世の「ラデツキー行進曲」の演奏で式典の終了となりました。

また、この10周年記念式典に併せて10月16日から18日までの3日間、つくばエクスプレス線の柏の葉キャンパス駅前にある「柏の葉カンファレンスセンター」を会場として、10周年を記念する成果研究シンポジウムも開催され、研究者や学生など3日間で延べ約500名が参加しました。

シンポジウムでは、記念式典でご祝辞を頂戴した David Gross 氏、Shing-Tung Yau 氏の講演の他に、Kavli IPMU の主任研究者も兼ねる梶田隆章宇宙線研究所所長や、フィールズ賞受賞者の Andrei Okounkov 氏等の研究の最先端を担う著名な研究者による講演がありました。これに加えて、Kavli IPMU に以前在職していた研究者や現在在職中の若手研究者による講演、3日目の最後にはWPI採択となるまでの経緯や研究者を支える事務組織作りの歩み、研究棟のデザインが研究者のどのような発想の集積によって実現へ至ったのか等、Kavli IPMU の始まりを振り返る講演も行われました。



10周年記念式典の集合写真

祝辞を述べる五神真総長

挨拶をする村山斉 Kavli IPMU 機構長
 
space