このページのトップです。
東京大学ホーム > トピックス一覧 > 2015年 > オーストラリア国立大学との戦略的パートナーシップ調印式が開催されました。
space
掲載年
フリーワード
space
space

トピックス

オーストラリア国立大学との戦略的パートナーシップ調印式が開催されました。 (国際本部)

2015年03月11日掲載

実施日: 2015年03月04日

IARU学長会議へ参加のため、オーストラリア国立大学のIan Young学長とErik Lithander副学長(国際担当)、アジア太平洋学部長のVeronica Taylor教授が本学を訪問された機会に、両校の戦略的パートナーシップ覚書の調印式が開催されました。
オーストラリア国立大学は、オーストラリアの首都キャンベラに位置し、世界有数の研究型大学として様々な分野におけるトップレベルの研究活動が高く評価されています。理系のみならず、アジア・太平洋地域を対象とする分野、人文社会系の研究も活発に行われています。
一方、本学は同じアジア・太平洋地域に位置する代表大学として、創立以来、様々な分野で国際的な教育・研究活動を展開してきました。
両校は2009年3月に全学的な学術交流協定、2013年7月に学部学生の交流に関する覚書を締結し、地球物理、地球科学等の理系分野、アジア・太平洋研究、公共政策等の人文社会系分野を中心とする研究・教育の交流を活発に実施しています。
オーストラリア政府は、インド洋およびアジア太平洋地域に位置する隣国との友好および関係強化を図るための「新コロンボ計画」により、日本を含む地域各国への学部学生の派遣を開始しましたが、この枠組みによりオーストラリア国立大学から本学への受入が今後活発化されることが期待されています。
本学では文部科学省によるスーパーグローバル大学創成支援事業の採択により、「戦略的パートナーシップ・構築プロジェクト」を開始し、オーストラリア国立大学と継続的かつ発展的な交流計画が見込める総合文化研究科・教養学部、大気海洋研、地震研究所、情報学環、公共政策大学院の各部局のプロジェクトチームに対し支援を行っています。プロジェクトのメンバーは、部局の枠を超えた全学レベルでのつながりを強化し、その他の部局を巻き込んだ多様な交流事業の展開のための準備を整えています。
また、この数年間、双方の理事、副学長レベルでの議論も幾数回も行われ、今後の更なる交流のあり方についての検討が進められた結果、この度の戦略的パートナーシップ覚書締結が実現しました。
 
 




本学学部学生によるANU合同巡検

公共政策大学院での合同ワークショップ
 
space