このページのトップです。
東京大学ホーム > トピックス一覧 > 2017年 > 平成29年度 総長安全衛生パトロール実施される
space
掲載年
フリーワード
space
space

トピックス

平成29年度 総長安全衛生パトロール実施される (環境安全本部)

2017年11月13日掲載

実施日: 2017年11月01日

11月1日(水)、法学政治学研究科および人文社会系研究科を対象として平成29年度総長安全衛生パトロールが実施されました。
このパトロールは、総長自らが安全衛生に対する姿勢を示すことにより全学の安全衛生意識を向上させることを目的として、平成18年度より毎年実施されています。
 
五神総長、戸渡理事、光石環境安全本部長等が、岩村法学政治学研究科長、佐藤人文社会系研究科長および関係者に説明を受けながら、各研究科の研究室や教室、学生自習スペース等を訪れ、防火防災対策や安全衛生管理、バリアフリーの実施状況等について巡視しました。
 
講評会では、環境安全に関して「バリアフリーについてはかなり対応いただいているが、段差が残っているところや照度についてもさらに検討いただきたい。研究室等での高い書棚の震災対策、考古列品室での展示物の固定についても引き続き確認いただきたい。」等の意見がありました。最後に五神総長から「伝統ある東大の象徴とも言うべき両研究科においては、学術文化をどのように学生に伝えていくかが大事である。特に人文社会系は、学生の自習スペースの確保に苦慮している状況にある。全学としてもスペースの可視化を進めていく中で明確化させ、より良い環境になるよう調整していきたい。」との講評をいただきました。



(法)模擬法廷教室:法学部独特の教室

(文)考古列品室:多数の展示品・資料あり

(文)社会学研究室:研究室・図書室・学生室あり
 
space