このページのトップです。
東京大学ホーム > トピックス一覧 > 2017年 > 双青戦(京都大学との総合対校戦)で本学が3連覇を達成しました!
space
掲載年
フリーワード
space
space

トピックス

双青戦(京都大学との総合対校戦)で本学が3連覇を達成しました! (本部学生支援課)

2017年03月01日掲載

実施日: 2017年02月18日



 平成29年2月18日(土)に本郷キャンパス工学部2号館213号大講義室にて、2016年度双青戦の閉会式が行われました。

 双青戦とは東京大学と京都大学の運動部による総合対校戦であり、各部ごとで伝統的に行われてきた両校の定期戦を2009年に総合化したもので、今回で8回目の開催となりました。「双青戦」の名称は東京大学のスクールカラーである”淡青”と京都大学のスクールカラーである”濃青”に由来します。

 今年度の大会は東京大学が総合優勝を果たし、一昨年の初優勝から3連覇となりました。これで両校の総合成績は東京大学の3勝4敗1分となりました。

 閉会式では、大会会長の五神真総長の代理として、長谷川壽一東京大学運動会理事長より、優勝トロフィーが東京大学運動会総務部の壇辻恵見さん(今年度双青戦実行委員長)に授与されました。

 また、双青戦実行委員長による挨拶で、壇辻恵見さんは、「今回の優勝で東大は3連覇を果たし、同じく今年度の大会で主管校を務めた、全国七大学総合体育大会(通称:七大戦)での優勝に続き”ダブル主管校優勝”を遂げ、大変うれしく思っています。来年度も、東京大学の各運動部の皆さんにはより一層励んでいただき連続優勝を目指していきたいです。また、今後は学内を中心に広報活動により力を入れ、知名度の高い、多くの人に応援される大会にしていきたいです。」と思いを述べました。

 次回の2017年度大会(第9回)は京都大学を主管校として行われます。4連覇を目指し、京都大学との星を五分に戻すべく、皆様の熱い応援をよろしくお願いいたします。



◆本学では、双青戦の運営に携わる東京大学運動会総務部をはじめとした各運動部の活躍を支援するために「 東大スポーツ基金 」を立ち上げており、皆様から多大なご支援を頂戴しております。今後とも本学運動部へのご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。


 



東大と京大の学生で集合写真

応援部から両校へエールが送られました
 
space