このページのトップです。
東京大学ホーム > トピックス一覧 > 2017年 > 硬式野球部宮台投手が北海道日本ハムファイターズから7位指名!
space
掲載年
フリーワード
space
space

トピックス

硬式野球部宮台投手が北海道日本ハムファイターズから7位指名! (本部学生支援課)

2017年10月27日掲載

実施日: 2017年10月26日

平成29年10月26日(木)、プロ野球新人選手選択(ドラフト)会議が都内で行われ、本学運動会硬式野球部の宮台康平投手(法学部4年)が北海道日本ハムファイターズから7位で指名を受けました。
指名直後に、南風原朝和運動会理事長(教育学研究科教授)、鈴木匡運動会硬式野球部部長(新領域創成科学研究科准教授)、浜田一志硬式野球部監督とともに学内で行われた記者会見に臨んだ宮台投手は、指名を受けたことついて「最後まで指名されるかわからず不安でしたが、指名していただき本当に嬉しく思います」と喜びのコメントを述べました。
 
ドラフト会議で本学学生が指名されたのは、2004年の松家卓弘投手以来となります。また、プロ入りが実現すれば、本学出身者として6人目のプロ野球選手となります。



◆本学では宮台投手が所属している硬式野球部のほか、多くの運動部の活躍を支援するために「東大スポーツ振興基金」を立ち上げており、皆さまから多大なご支援を頂戴しております。今後とも本学運動部へのご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。


 

関連URL:https://tokyo-bbc.net/



日本ハムから指名を受けた宮台投手に東京大学運動会マスコット「イチ公」が花束を贈呈

多くの報道陣が集まる中行われた記者会見

浜田硬式野球部監督と固い握手を交わす宮台投手
 
space