このページのトップです。
東京大学ホーム > トピックス一覧 > 2017年 > 躰道(たいどう)部が全国学生大会で前人未到の10連覇を達成!
space
掲載年
フリーワード
space
space

トピックス

躰道(たいどう)部が全国学生大会で前人未到の10連覇を達成! (本部学生支援課)

2017年11月22日掲載

実施日: 2017年11月03日

2017年11月3日(祝)に東京武道館において行われた第51回全国学生躰道(たいどう)優勝大会において、本学運動会躰道部が総合優勝を飾り、前人未到の総合優勝10連覇を達成しました。
また今大会における総合優勝10連覇の実績が高く評価され、日本躰道協会より特別褒賞を授与されました。

本学躰道部は計11競技に出場し8競技で優勝、更に3競技でも上位入賞を果たしました。特に女子団体競技では3競技全て優勝を勝ち取り、また男子個人競技に出場した2名が優秀選手賞に選ばれるなど、男子・女子、個人・団体に関わらず幅広い活躍の末の総合優勝でした。

さらに、去る2017年7月30(日)に山梨県小瀬スポーツ公園において開催された第7回世界躰道選手権大会では、本学チームが日本代表として出場した女子団体法形競技で優勝しました。また、男子個人法形競技・男子展開競技でも、それぞれ準優勝という成績を残しています。

躰道とは、「玄制流」という空手の一派を母胎として体系化された日本発祥の新しい武道であり、後方宙返りなど様々な三次元的動作が取り入れられた魅力的な攻防展開を特徴としています。大会では、決められた型を通す「法形」、一対一で戦う「実戦」、ヒーローショーのように主役が脇役5人を倒していく「展開」の3種目で競われます。

2017年11月26日(日)にはBumB東京スポーツ文化館において第51回全日本躰道選手権大会が開催され、本学躰道部からも多数の選手の出場が決定しております。ぜひ本学躰道部を応援いただけますよう、よろしくお願いいたします。


◆本学では運動部の活躍を支援するために「東大スポーツ振興基金」を立ち上げており、皆様から多大なご支援を頂戴しております。今後とも本学運動部へのご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。



躰道部集合写真

男子展開競技

新人団体法形競技
 
space