このページのトップです。
東京大学ホーム > トピックス一覧 > 2017年 > 「知の創造的摩擦プロジェクト」第25回交流会の開催
space
掲載年
フリーワード
space
space

トピックス

「知の創造的摩擦プロジェクト」第25回交流会の開催 (本部キャリアサポート課)

2017年11月22日掲載

実施日: 2017年11月11日

2017年11月11日(土)13時より、「知の創造的摩擦プロジェクト」第25回交流会(主催:東京大学、東大ドリームネット、東京大学三四郎会)が駒場Iキャンパス生協食堂(駒場コミュニケーション・プラザ南館)にて開催されました。今回は、卒業生97名、在学生178名が参加しました。
 
本プロジェクトは大学主催による卒業生と東大生との交流企画であり、卒業生との対話を通して双方が刺激を共有し、現役学生がより主体的な学生生活の過ごし方、キャリア選択のあり方について考えるきっかけの場を作ること、また卒業生に大学の活動に関わっていただくことにより卒業生のネットワークを形成強化することを目指しています。
 
25回目となる今回の交流会では、「大切にしたい想いは何ですか」と題して、自分が生きる上での「大切にしたいこと」をテーマに、卒業生を囲んだ小規模なグループでのディスカッションを、組み合わせを替えながら行いました。
第一部グループディスカッションでは、卒業生に「人生において大切にしたいこと」は何か、またそれがどのような経験から得られ、人生にどう活かされているのかについて語っていただいた後、学生自身が「今後大切にしていきたいこと」やそのためにどう行動するかについて、卒業生からのアドバイスを受けつつ考えました。引き続き行われた第二部懇談会では、卒業生と在学生がより気軽に、自由に話す場を設け、親睦を深めました。
参加学生からは「人とのつながりが生きていく中で一番大切だと気付いた」「自分がワクワクできることに果敢に挑戦していきたい」といった感想が、参加卒業生からは「自分の将来について真剣に考えている学生が多く、頼もしく感じた」「学生から前向きな刺激を沢山もらった」といった感想が寄せられました。
 
次回、第26回交流会は2018年6月頃に開催予定です。

関連URL:https://www.careersupport.adm.u-tokyo.ac.jp/project/guide



和やかに語り合う学生と卒業生

第一部グループディスカッションの様子
 
space