このページのトップです。
東京大学ホーム > トピックス一覧 > 2017年 > 2017年度業務改革総長賞表彰式
space
掲載年
フリーワード
space
space

トピックス

2017年度業務改革総長賞表彰式 (本部総務課)

2017年12月19日掲載

実施日: 2017年12月15日

東京大学業務改革総長賞表彰式が、去る12月15日に大講堂(安田講堂)で開催されました。
表彰式では、業務改革推進室が全教職員を対象に募集した業務改革課題のうち、厳正なる選考により選出された総長賞2課題、理事賞2課題、特別賞3課題に対し、五神総長及び戸渡理事(業務改革担当)から表彰状と副賞が授与されました。

【総長賞】
(1) 受賞課題:「ハラスメント防止教育の普及によるリスクマネジメント」
取組グループ:カブリ数物連携宇宙研究機構事務部門
取組内容:外国人研究者に対するハラスメント防止教育の実施が喫緊の課題となる中、教職員自らが映像編集を学びながら防止教育ビデオ(英語版)を制作し、ハラスメント相談所の監修を受けてクイズ、確認書をセットにしたE-Learningを構築。
部局内の運用を経た後、ハラスメント相談所HP、東大ポータル便利帳から全部局の教職員が利用できるよう利用環境を整え、コンテンツの全学提供を開始した。
(2) 受賞課題:「研究者情報管理システムの構築と全学共同利用に向けた取組」
取組グループ:研究者情報管理システムワーキンググループ<工学系研究科>
取組内容:本学の研究力強化のため、研究科単位でも研究⼒の分析が求められる中、研究者の業績、活動内容を効率良く集積、活⽤する研究者情報管理システムの構築が急務となっていた。
そのため、教員評価機能を搭載したシステムを開発し、運⽤を開始した。
教員のデータ⼊出⼒及び事務職員のデータ収集業務が⼤幅に省⼒化されたほか、教員評価を円滑に実施できる環境が整えられた。

表彰に引き続き、五神総長による講話、受賞者による取組内容のプレゼンテーションが行われました。
当日は約400名の教職員が参加し、受賞を祝うとともに、優れた業務改革のアイディアを共有しました。



【総長賞】カブリ数物連携宇宙研究機構事務部門

【総長賞】研究者情報管理システムワーキンググループ<工学系研究科>

受賞者記念撮影
 
space