UTokyo Research

  • Japanese
  • English
検索閉じる
言語閉じる
  • 日本語
  • 英語
Research News

新しいエボラワクチンの開発に成功

ワクチンの有効性をサルで証明

タグ

医科学研究所
2015/03/27

© 2015 野田岳志

© 2015 野田岳志

東京大学医科学研究所の河岡義裕教授らの研究グループは、新しいエボラウイルスワクチンを開発し、霊長類において、本ワクチンが有効であることを示しました。

現在、世界保健機関(WHO)の報告によれば、西アフリカ諸国で流行しているエボラ出血熱(注1)によって、感染者数が24,000人以上、犠牲者数は10,194人にのぼっています。しかし、未だにエボラウイルスに有効なワクチンの開発には至っておらず、現在、臨床試験が行われている3種類のエボラウイルスワクチンにもその効果や安全性の問題が懸念されています。そのため、新しいエボラウイルスワクチンを開発してエボラ出血熱の予防および治療方法を確立することは最重要課題です。

本研究グループは、安全性の高いエボラワクチンを開発するため、エボラウイルスの遺伝子の一部を欠損した変異エボラウイルスを作製しました。この変異ウイルスは、特定の細胞においては増殖できますが、普通の細胞では増えることはできません。本研究グループは、開発したエボラウイルスワクチンの安全性をさらに高めるため、この変異エボラウイルスを過酸化水素水で不活化しワクチンをサルに接種してその効果を評価しました。その結果、このエボラウイルスワクチンを接種したサルは、その後、致死量のエボラウイルスを接種されても、エボラウイルスに感染しないことが明らかとなりました。

本研究成果は、エボラ出血熱の制圧に向けた大きな一歩となることが期待されます。

本研究成果は、2015年3月27日午前3時(日本時間)に、米国科学雑誌「Science」のオンライン速報で公開されました。

なお、本研究は、東京大学、米国ウイスコンシン大学、米国国立衛生研究所(NIH)と共同で行ったものです。

論文情報

Andrea Marzi, Peter Halfmann, Lindsay Hill-Batorski, Frederike Feldmann, W. Lesley Shupert, Gabriele Neumann, Heinz Feldmann and Yoshihiro Kawaoka, "An ebola whole virus vaccine is protective in nonhuman primates", Science Online Edition: 2015/3/27 (Japan time), doi:10.1126/science.aaa4919.
論文へのリンク(掲載誌

関連リンク

医科学研究所

医科学研究所 感染・免疫部門

医科学研究所 感染・免疫部門 ウイルス感染分野

前の投稿へ 次の投稿へ
Page Top