UTokyo Research

  • Japanese
  • English
検索閉じる
言語閉じる
  • 日本語
  • 英語
Research News

オスマウスの性行動を抑制する幼少フェロモンを発見

性成熟前の幼少マウスのシグナル

タグ

農学生命科学研究科・農学部
2013/10/03

大人のオスマウスは、性成熟前の幼少メスマウスに交尾をしかけることはありません。すなわち、大人のオスマウスは、性成熟前の幼少メスマウスから、性成熟前であるという何らかの信号を受け取っているため、性行動が抑制されていると考えられます。しかし、その信号がどのような物質であるのか、またその物質がどこで感知されて、処理されるのかは分かっていませんでした。

© Kazushige Touhara, 性成熟前の幼少メスマウスの涙腺から分泌されたESP22は、鋤鼻神経系を介して成熟オスマウスの性行動を抑制します。

今回、東京大学大学院農学生命科学研究科の東原和成教授らの研究グループは、ハーバード大学とアーヘン工科大学と共同で、性成熟前の2-3週令の幼少メスマウスの涙腺から、大人のオスマウスの交尾行動を抑制する幼少フェロモンが分泌されていることを発見しました。そのフェロモンは、ESP22という分子量約10 kDa(キロダルトン)のタンパク質で、大人のオスマウスの鋤鼻(じょび)神経系で感知され、脳にその情報が伝わり、その結果、オスマウスの性行動が抑制されます。

本研究の成果は、マウスの性行動の理解を深めるもので、倉庫や製造所などで問題になっているマウスの繁殖の制御に応用できる可能性が期待されます。

プレスリリース

論文情報

David M. Ferrero, Lisa M. Moeller, Takuya Osakada, Nao Horio, Qian Li, Dheeraj S. Roy, Annika Cichy, Marc Spehr, Kazushige Touhara, and Stephen D. Liberles,
“A juvenile mouse pheromone inhibits sexual behavior through the vomeronasal system”,
Nature Online Edition: 2013/10/2(Japan time), doi: 10.1038/nature12579.
論文へのリンク

リンク

大学院農学生命科学研究科

大学院農学生命科学研究科 応用生命化学専攻

大学院農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 生物化学研究室

前の投稿へ次の投稿へ
Page Top