UTokyo Research

  • Japanese
  • English
検索閉じる
言語閉じる
  • 日本語
  • 英語
Research News

宇宙を満たす暗黒物質

暗黒物質は銀河間空間にも広がっていた

タグ

カブリ数物連携宇宙研究機構
2012/02/10

銀河の質量をすべて足し合わせても、宇宙全体の物質質量の半分にしかならない、ということはこれまで宇宙物理学における大きな謎のひとつでした。

dark matter distribution

コンピューターシミュレーションから得られた暗黒物質の分布

しかし最近になって、遠方の天体からの光が銀河周辺の「見えない」質量(暗黒物質)によって曲げられ、遠方の天体が明るく見える現象(重力レンズ)を利用して、銀河の周辺の物質分布を測定できるようになりました。

東京大学数物連携宇宙研究機構(IPMU)と名古屋大学のメンバーからなる日本の研究チームは、高精度の数値シミュレーションを用いて、最新の観測結果と整合する暗黒物質分布を明らかにしました。暗黒物質は、星など光を出す通常の物質の分布とは異なり、その分布の裾野が隣の銀河の裾野と重なり合うほどまで広がっており、宇宙の全体に拡がっていると分かったのです。

さらに銀河の外に広がる暗黒物質の質量を全て足し合わせると、銀河内部の質量に匹敵する量にもなるということも判明しました。銀河の質量が宇宙の質量の半分にしかならないという矛盾が解決されることになったのです。

この結果は、2012年2月10日発行の米国雑誌 The Astrophysical Journalに掲載されます。

プレスリリース

論文情報

正木彰伍(名古屋大学大学院理学研究科 日本学術振興会特別研究員),?福来正孝(東京大学宇宙線研究所、東京大学数物連携宇宙研究機構),?吉田直紀(東京大学数物連携宇宙研究機構),?
“Matter Distribution around Galaxies”,
The Astrophysical Journal 746, 38. doi: 10.1088/0004-637X/746/1/38.
論文へのリンク

リンク

数物連携宇宙研究機構

前の投稿へ次の投稿へ
Page Top