UTokyo Research

  • Japanese
  • English
検索閉じる
言語閉じる
  • 日本語
  • 英語
Research News

光で駆動する遺伝子転写システム

遺伝子のはたらきを自由自在に光でコントロールする技術を開発

タグ

総合文化研究科・教養学部
2015/02/24

© 2015 Yuta Nihongaki and Moritoshi Sato

© 2015 Yuta Nihongaki and Moritoshi Sato

東京大学大学院総合文化研究科博士課程の二本垣裕太大学院生、佐藤守俊准教授らの研究グループは、ゲノム上に散らばったさまざまな遺伝子のはたらきを、自由自在に光でコントロールする新技術を開発しました。

従来の技術では、実験操作に手間や高度なノウハウが必要であり、遺伝子のはたらきを調べる研究などの大きな制約となっていました。同研究グループが開発した技術は、ゲノム上の案内役であるガイドRNAの塩基配列を設計するだけで、任意の遺伝子を自由自在に光でコントロールできる、非常に簡便かつ一般的なものです。また、本技術では、複数の遺伝子のはたらきもコントロールできることを示しました。

この新しい技術は、多様なゲノム遺伝子の機能解明に貢献すると共に、分化や増殖などのさまざまな細胞機能を光でコントロールする技術への展開が期待されます。

プレスリリース

論文情報

Yuta Nihongaki, Shun Yamamoto, Fuun Kawano, Hideyuki Suzuki, Moritoshi Sato, "CRISPR-Cas9-based photoactivatable transcription system", Chemistry & Biology: 2015/1/23 (Japan time), doi:10.1016/j.chembiol.2014.12.011.
論文へのリンク(掲載誌

関連リンク

大学院総合文化研究科

大学院総合文化研究科 広域科学専攻

大学院総合文化研究科 広域科学専攻 佐藤守俊研究室

前の投稿へ 次の投稿へ
Page Top