このページのトップです。
東京大学ホーム > 広報・情報公開 > 記者発表 > 研究成果発表一覧
space

広報

研究成果発表一覧

* 記者発表の情報については、発表日現在の情報になり、本日の情報と異なる場合がありますので、ご了承ください。

日付
記者発表
(2016年05月20日) 維管束の細胞を作り出す方法 “VISUAL” の開発
(2016年05月18日) スピン液体の近くの“隠れた秩序”
(2016年05月17日) 地球が地球である理由
~大気中の酸素濃度増加とプレートテクトニクスの重要なリンクを明らかに~
(2016年05月17日) がんの悪性度を検知する「ナノマシン造影剤」を開発
(2016年05月17日) 固体中の磁気モノポールが生み出す電磁気効果を観測
-古典電磁気学を超えた新現象・新デバイス開拓にさらなる期待-
(2016年05月17日) インフルエンザウイルスゲノムの核内動態に関わる宿主タンパク質を同定
(2016年05月17日) 脳の神経活動の空間パターンは脳血流のパターンに写し取られる
~安静時脳活動の詳細な時空間構造を神経発火と脳血流の両面から解明~
(2016年05月16日) リンを高蓄積するクロレラ
―地上から失われつつあるリンの水中での回収に期待―
(2016年05月13日) グローバルヘルス・ガバナンスの再構築-G7への提言
("Rebuilding Global Health Governance - Recommendations for the G7")
(2016年05月10日) 骨形成における新しい遺伝子制御メカニズムとその進化学的意義
(2016年05月06日) 細胞分裂の方向を調べる新しい方法を開発
(2016年05月06日) 生体適合性ゲル電極を持つ柔軟な有機増幅回路シートの開発に成功
~体内に埋め込み微弱な生体活動電位の計測が実現~
(2016年04月26日) 過去20年間の太平洋貿易風の加速に対する硫酸性エアロゾルの重要な役割
(2016年04月26日) ゲノム解読で初めて明らかになった多細胞生物のはじまり
-ヒトではがんを抑制する「多細胞化の原因遺伝子」 -
(2016年04月26日) 超並列ミトゲノムシーケンスが分子系統地理学に正確な“根”をもたらす
(2016年04月25日) ヒトの全タンパク質分子ネットワークの解明を可能にする新技術を開発
(2016年04月22日) ゲノム編集のための新たな「はさみ」のかたち
― CRISPR-Cpf1の構造解明 ―
(2016年04月22日) がん幹細胞を狙い撃ちするナノテク抗がん剤の開発に成功
~アスベスト被爆が原因となる難治がん(悪性中皮腫)に対する奏功を確認~
(2016年04月20日) 超微細回路を簡便・高速・大面積に印刷できる新原理の印刷技術を開発
(2016年04月18日) 印刷業で多発した職業性胆管がんと関連する、発がん性候補物質の胆汁排泄を発見
(2016年04月18日) 電池中の酸化物イオンで充電と放電
―高エネルギー電池のブレークスルー―
(2016年04月18日) オスらしさを高めるフェロモンをマウスで発見
-フェロモンに新しい概念-
(2016年04月18日) 超柔軟有機LEDの大気安定動作に成功
~ 貼るだけで人の肌がディスプレイに ~
(2016年04月18日) バイオ燃料として期待される微細緑藻から
新規炭化水素生合成酵素遺伝子の特定に成功
(2016年04月14日) 自閉症を脳回路から見分ける先端人工知能技術を開発
~人種を超えたバイオマーカー・自閉症の実体:脳回路の変位~
(2016年04月12日) 肝臓がん300例の全ゲノムを解読
-ゲノム構造異常や非コード領域の変異を多数同定-
(2016年04月07日) 生きた生物の神経細胞が伸長する方向を光で誘導する
(2016年04月07日) 褐色脂肪細胞の機能制御機構を解明
-新たなシグナル伝達経路による褐色脂肪細胞成熟化の制御-
(2016年04月05日) 肺線維症治療に向けた核酸医薬を開発
(2016年04月05日) 細胞と葉の大きさを決める隠されたしくみ
(2016年04月04日) 指で曲げるだけで電流が倍になる有機物半導体を開発
- 従来比15倍の歪感度により低コスト・高感度の応力・振動センサ応用へ -

 
space