このページのトップです。
東京大学ホーム > 広報・情報公開 > 記者発表 > 記者発表一覧 > 「柴崎東大教授世界第1位?不斉触媒分野引用回数」
space

広報

記者発表一覧

「柴崎東大教授世界第1位不斉触媒分野引用回数」

柴崎東大教授世界第1位不斉触媒分野引用回数

研究者の業績評価、大学の研究評価、国別の研究評価等で世界的に知られるISI Essential Science Indicators, Thomson Scientific(トムソンISI社、米国、フィラデルフィア)が左手分子と右手分子を作り分ける不斉触媒研究に関する論文の引用回数を3日発表した。この分野では野依良治理研理事長等が分子に水素を付加する還元触媒等でノーベル化学賞を受賞しているが、化学反応の根源である炭素-炭素結合反応でさらなる飛躍的発展が成されている。このため、トムソンISI社がトピックスとして選択したものと思われる。
引用回数は1995年1月1日から2005年8月31日に発表された論文について調べられた。その結果、東大薬学系研究科の柴崎正勝教授らの論文110本が総引用回数3,985回で世界第1位となった。第1位の理由としては柴崎教授らが1990年頃より提唱している多点認識型不斉触媒の独創性が世界的に注目されているためと思われる。なお、柴崎触媒はこれまで以上に今後創薬研究等に多大な影響を与える事が予想されている。機関別ランキングでも東大は第1位、国別ランキングでは日本は第2位となった。日本発の科学が世界を完全にリードしている確固たる証拠であり、科学創造立国を目指す日本にとっても朗報である。
なお、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は下記ホームページをご参照ください。
http://esi-topics.com/asy-cat/

 

問い合わせ先
東京大学大学院薬学系研究科 柴崎研究室


    

space