このページのトップです。
東京大学ホーム > 広報・情報公開 > 記者発表 > 研究成果発表一覧 > 記者会見「テラヘルツ波パルス磁場を用いて超高速スピン 制御を実現-1兆分の1秒のパルス磁場でスピンを制御、スピントロニクスに新展望-」
space

広報

記者発表一覧

記者会見「テラヘルツ波パルス磁場を用いて超高速スピン 制御を実現-1兆分の1秒のパルス磁場でスピンを制御、スピントロニクスに新展望-」

記 者 発 表
「テラヘルツ波パルス磁場を用いて超高速スピン制御を実現」
-1兆分の1秒のパルス磁場でスピンを制御、スピントロニクスに新展望-

発表日時 2010年11月30日(火) 15時~16時

発表場所 本郷キャンパス 第2本部棟 1階中会議室・小会議室(第二会議室) 

発表者 中嶋 誠 (東京大学物性研究所 助教) 
     末元 徹 (東京大学物性研究所 教授) 
     山口啓太 (東京大学大学院理学系研究科 修士課程2年)

発表概要
テラヘルツ波超短パルスによるパルス幅1ピコ秒 (1兆分の1秒)以下の超短磁場パルスを用いて、磁性体イットリウムオルソフェライト (以後、 YFeO3 と示す) におけるスピン歳差運動を超高速に制御することに成功した。

※詳細はリリース文書をご覧下さい

space