このページのトップです。
東京大学ホーム > 広報・情報公開 > 記者発表 > 研究成果発表一覧 > 幼児における複数の脳発達過程
space

広報

記者発表一覧

幼児における複数の脳発達過程

「幼児における複数の脳発達過程」

1.発表者:
開 一夫(東京大学大学院総合文化研究科 教授)
森口佑介(上越教育大学大学院学校教育研究科 講師,独立行政法人科学技術振興機構 研究者)

2.発表概要:
  我々は、近赤外分光法を用いて、幼児の脳機能発達過程には複数のプロセスが存在することを世界で初めて突き止めた。具体的には、ある認知課題を解く際に、発達早期からその課題を解ける子どもは右の下前頭領域を活動させるのに対し、発達後期になってからその課題を解けるようになる子どもは左の下前頭領域を活動させることを、縦断的研究から示した。


※詳細はリリース文書をご覧下さい

space