情報倫理・コンピュータ利用ガイドライン

本学の計算機資源(情報ネットワークとコンピュータ等)の利用に当たって、以下の点に注意を払い、利用者として自覚と責任を持って行動して下さい。これらに違反した場合、注意や処罰の対象になります。また、学外活動や私生活においても、本学の学生や教職員として良識と節度ある行動をお願いします。

1.教育・研究目的に限定

本学の計算機資源の利用は、教育・研究に関する目的に限定されています。この目的に沿わない不適切な行為、違法行為、倫理に反する行為を禁じます。

2.不適切な情報発信・公開の禁止

本学の計算機資源から、以下のような情報を発信または公開することは禁止されています。
(1) 本名以外(匿名・偽名)による情報
(2) 知的財産権・肖像権を侵害する情報
(3) 差別・誹謗中傷にあたる情報
(4) プライバシーを侵害する情報
(5) わいせつな情報
(6) 教育・研究を妨害する情報
(7) 他者の業務・作業を妨害する情報
(8) 虚偽の情報
(9) 守秘義務違反にあたる情報

3.違法コピーの禁止・違法コンテンツのダウンロード禁止

音楽、映像、本、ソフトウェアなどの著作物を、違法にコピーして配布したり、ライセンス規約を守らずに利用してはいけません。これらを、P2P型ファイル共有ソフトウェア等を用いて、他人に配布できる状態にすることは違法です。多くのP2P型ファイル共有ソフトウェアでは、データをダウンロードした端末が自動的にそのデータの発信者になるため注意が必要です。また、違法に配信されている音楽・映像コンテンツを、それと知りながらダウンロードすることは違法であり、刑事罰の対象となる場合もあります。P2P型ファイル共有ソフトウェアは教育・研究上どうしても必要である場合以外は使用しないようにしましょう。

4.大量ダウンロードの禁止

本学から「自由に」使って良いように見えるサービスでも、東京大学とサービス提供元との間で利用条件が定められているのが普通です。例えば、多くの電子ジャーナルやデータベースでは、コンピュータプログラムなどを利用して一度に大量のコンテンツをダウンロードすることは禁じられています。利用条件を守らない者がいると、東京大学全体に対するサービスが停止される可能性がありますので注意して下さい。

5.アカウントの盗用・貸与の禁止

パスワードを推測するなどして、他人のアカウントを盗用することは犯罪となります。また、全ての利用者には、自分が保持するアカウント、パスワード、情報機器、ソフトウェア等を安全に管理する義務があります。他人に自分のアカウントやコンピュータを悪用されると、所有者自身が困るだけでなく、見知らぬ第三者や大学全体に迷惑がかかります。また、自分の代わりにレポートを提出してもらう、または業務を一時的に代行してもらうなどの目的で、自分のアカウントを他人に貸与することは決してしないで下さい。

6.簡単なパスワードを使用しない

コンピュータが悪用される原因のひとつはパスワードが推測されてしまうことです。特に危険なものは、名称、単語、数、それらの組み合わせ、キーボードの配列、短いものなどです。アルファベット大文字、小文字、数字などを組み合わせた意味のない文字列を利用して下さい。パスワードは記憶するか、それができない場合は他人に盗まれない工夫をして厳重に保管して下さい。また、パスワードは使い回しをせず、システムやソフトウェアごとに使い分けて、慎重な管理に努めて下さい。

7.情報機器の盗難や紛失に注意

ノートパソコン、スマートフォン、タブレット、ハードディスク、USBメモリなど、重要な情報が入った情報機器の紛失と盗難に注意して下さい。盗難による被害は本学でも数多く発生しています。教室や食堂など不特定多数が出入りする場所は特に危険です。本学のシステムのアカウントやパスワードが入った情報機器を失った場合、速やかにその発行元に連絡して下さい。

8.ウイルス対策の徹底

全てのコンピュータには、最新のウイルス対策ソフトウェアをインストールして下さい。本学では、ウイルス対策ソフトのライセンスが情報基盤センターから各組織(部局や研究室など)に有償配布されています。利用者は自分が所属する組織からライセンスを入手してください。ウイルスのパターンファイルは自動更新して最新版に保ち、定期的にコンピュータ内の全ファイルのウイルスチェックを行って下さい。しかし、ウイルス対策ソフトを導入しても、それだけで全てのウイルスを完全に防げるわけではありません。安心せずに常に感染の危険を避けることを心がけてください。USBメモリなどをコンピュータに接続した際には、最初にウイルスチェックを行って下さい。学内連絡や取材申し込みなど、正当な内容を装った悪意のあるウイルスメールが増えています(標的型攻撃)。メールの添付ファイルやメール本文の外部リンクから、ウイルスに侵入されないよう注意して下さい。

9.ソフトウェアを最新の状態に

オペレーティングシステムやアプリケーションは常に最新版にアップデートして下さい。自動更新ができるソフトウェアは、その機能をオンにして下さい。最新でないソフトウェアを利用していると、ウイルス感染等のセキュリティ問題が容易に発生します。また、製造者のサポートが切れたソフトウェアは、セキュリティ問題が発見されても修正されないため使用を控えて下さい。

10.長期間不在にする場合は端末の電源をオフにする

長期休暇や出張などにより数日間以上コンピュータを利用しない場合、セキュリティならびに省エネの観点から、必ず電源をオフにして下さい。再び利用する場合、作業を開始する前にソフトウェアやウイルス対策ソフトウェアのパターンファイルを最新版に更新して下さい。

11.もしも注意を受けたら

教職員やネットワーク管理者から注意や指示を受けた場合、その内容に速やかに従って下さい。ウイルスに感染したままコンピュータを利用し続けたり、不適切な利用を継続してはいけません。本学では、通信内容に情報セキュリティ上の問題がないかについて、機械的な検知や遮断を行うことがあります。
アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる