このページのトップです。

東京大学 最先端研究支援プログラム
中心研究者紹介



喜連川 優

中心研究者 喜連川 優       所属部局 生産技術研究所
課題名 超巨大データベース時代に向けた最高速データベースエンジンの開発と当該エンジンを核とする戦略的社会サービスの実証・評価
概要 情報化社会の進展による情報量の急激な増加に伴い、大量の情報を効率的に活用するためのデータベースソフトウエアの重要性は益々高まっている。本研究課題においては、従来と比較して1000倍程度高速に大規模データベースを解析することが可能な最高速のデータベースソフトウエアを開発し、日本発の技術により世界をリードする。また、流通業における製品管理やトレーサビリティなど、高速なデータ解析により可能となる次世代社会サービス実証基盤を構築し、その有効性を確認する。
webサイトへ
永井 良三 中心研究者 永井 良三       所属部局 医学部附属病院
課題名 未解決のがんと心臓病を撲滅する最適医療開発
概要 スーパーコンピュータ及び先端バイオ技術を駆使して、現在では治療・予防が困難な心臓病、難治癌のための革新的医療技術を開発する。これにより、個人の心臓を再現する心臓シミュレータによる突然死の予測・防止、急性心筋梗塞や難治癌の診断・治療を実現する。さらに、多様な臨床情報を有効活用するためのデータベースを開発し、効率的な臨床試験を可能とする。
研究者より
私たちは、がんや心臓病の基礎にあるメカニズムと医療情報を基にして、新しい診断法と治療法を開発します。同時に、日常診療の中で、医療の効果を評価できるデータベースも構築します。これらは、急速に少子高齢化が進むわが国で、直ちに活用できる技術とシステムになるはずです。
→ webサイトへ
中須賀 真一 中心研究者 中須賀 真一       所属部局 大学院工学系研究科
課題名 日本発の「ほどよし信頼性工学」を導入した超小型衛星による新しい宇宙開発・利用パラダイムの構築
概要 安全保障、防災等の広い分野への活用が期待される小型衛星について、低コストで開発期間が短く、高性能・高信頼性を兼ね備えた50kg程度以下の超小型衛星を開発する。将来的には、本技術を実用化することにより、商用小型人工衛星市場を日本が開拓し、世界をリードすることを目指す。
研究者より
従来の中・大型衛星のコスト・開発期間を一気にさげ、超低コスト・短期開発で宇宙を利用できる超小型衛星の機器技術、開発プロセス、開発体制・利用技術を一気に革新することで、従来にない宇宙の利用法・参入者を生み、宇宙の産業化・商業化を加速する。世界一の超小型衛星大国としての礎を築きたい。
→ webサイトへ
水野 哲孝 中心研究者 水野 哲孝       所属部局 大学院工学系研究科
課題名 高性能蓄電デバイス創製に向けた革新的基盤研究
概要 ハイブリッド自動車、電気自動車等に必要な世界最高のエネルギー密度を持ったポスト・リチウムイオン電池を開発するため、これまでに無い画期的な材料の開発、電池内における反応プロセスの解明等を推進する。将来的には、現在のリチウムイオン電池を超える世界最高性能の蓄電池を実用化し、蓄電池産業やそれを利用した電気自動車産業等において日本が世界をリードする。
研究者より
本提案では、新概念の電池システムの設計と革新的新材料の合成を行うと供に最先端のシミュレーション・計測解析技術を確立することによりポストリチウム電池の要素技術を世界に先駆けて開発するための基盤研究を行います。
webサイトへ


村山 斉
中心研究者 村山 斉
所属部局 国際高等研究所数物連携宇宙研究機構
課題名 宇宙の起源と未来を解き明かす―超広視野イメージングと分光によるダークマター・ダークエネルギーの正体の究明―
概要 宇宙の起源、進化、未来を解読するためには、宇宙の2割を占めているとされ、光を出さずに質量のみをもつ未知の物質「ダークマター」及び宇宙の7割を占めているとされ、宇宙の膨張とともに増加し、膨張を加速している「ダークエネルギー」の性質を明らかにすることが不可欠である。このため、「すばる」望遠鏡の観測システムを高度化し、これらの性質を世界最高精度で測定する。これにより、「宇宙の始まりと終わり」という人類誕生以来の疑問に世界に先駆けて答えることが可能となる。
研究者より
宇宙の約23%はダークマター(暗黒物質)、約73%はダークエネルギー(暗黒エネルギー)で占められています。ともに目で見ることができず、今のところ全く正体不明です。本プロジェクトではこの正体を解明します。
webサイトへ

中心研究者 合原 一幸
所属部局 生産技術研究所
課題名 複雑系数理モデル学の基礎理論構築とその分野横断的科学技術応用
課題ウェブサイト FIRST 合原最先端数理モデルプロジェクト
研究支援担当機関 科学技術振興機構
中心研究者 荒川 泰彦
所属部局 生産技術研究所
課題名 フォトニクス・エレクトロニクス融合システム基盤技術開発
課題ウェブサイト フォトニクス・エレクトロニクス融合システム基盤技術開発
研究支援担当機関 技術研究組合光電子融合基盤技術研究所
中心研究者 片岡 一則
所属部局 大学院工学系研究科
課題名 ナノバイオテクノロジーが先導する診断・治療イノベーション
課題ウェブサイト Nano Bio F
研究支援担当機関 科学技術振興機構
中心研究者 児玉 龍彦
所属部局 先端科学技術研究センター
課題名 がんの再発・転移を治療する多機能な分子設計抗体の実用化
課題ウェブサイト MDADD
研究支援担当機関 分子動力学抗体創薬技術研究組合
中心研究者 瀬川 浩司
所属部局 先端科学技術研究センター
課題名 低炭素社会に資する有機系太陽電池の開発~複数の産業群の連携による次世代太陽電池技術開発と新産業創成~
課題ウェブサイト 低炭素社会に資する有機系太陽電池の開発
研究支援担当機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構
中心研究者 十倉 好紀
所属部局 大学院工学系研究科
課題名 強相関量子科学
課題ウェブサイト QS2C 強相関量子科学
研究支援担当機関 理化学研究所

このページのトップへ