SYMPOSIUM

  • 日印交流プラットフォーム構築プログラム
    Japan India Exchange Platform Program
  • ENGLISH
文部科学省 大学の世界展開力強化事業(インド)
日印交流プラットフォーム構築プログラム(JIEPP)
「産学連携のグローバル展開~日印交流の重要性」
産学連携をグローバルに展開するうえで、求められる大学の役割とは何か。
産学連携の発展においても、IT技術開発分野で注目を集めるインドとの連携は欠かせないものとなっています。
このシンポジウムでは、産学連携の現在と将来について、日印交流を軸とした産官学の連携活動を行っている各界の代表者が一堂に会して議論します。

第3回シンポジウム

日程 2021年3月5日(金)
時間 13:30~15:20
会場 Zoomウェビナーによるオンライン開催
内容 テーマに関する基調講演/パネルディスカッション
使用言語 日本語(同時通訳あり)
参加費 無料
事前登録 必要
主催 文部科学省補助金「大学の世界展開力強化事業」インド(B)「日印交流プラットフォーム構築プログラム」(JIEPP)
お問い合わせ JIEPP事務局(東京大学経営企画部国際戦略課)
Mail:
終了いたしました。

プログラム

13:30
開始 -
13:30-13:40
開会挨拶 - 相原 博昭(東京大学 大学執行役・副学長、グローバルキャンパス推進本部長)
ご来賓挨拶)
吉岡 路(文部科学省高等教育局高等教育企画課国際企画室 専門官)
サンジェイ クマール ヴァルマ (駐日インド大使館 大使)
13:40-14:10
基調講演 - 藤井 輝夫(東京大学 社会連携・産学官協創担当理事・副学長)
14:10-15:10
パネルディスカッション)
モデレーター:堀田 昌英(東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授)
パネリスト:
  1. 小林 憲枝(長岡技術科学大学 IITM-NUTオフィスコーディネーター)
  2. 小山 博之(岐阜大学 グローカル推進機構副機構長/地域国際化推進部門長)
  3. 大谷 利行(松江市産業経済部まつえ産業支援センター長)
  4. 中村 哲也(日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ 専務・チーフデジタルイノベーションオフィサー)
15:10-15:20
総括 - 関村 直人(東京大学 国際担当副学長)
お申し込みは終了いたしました。

講演者・パネリストのご紹介

藤井 輝夫氏
東京大学 社会連携・産学官協創担当理事・副学長
小林(クリシュナピライ)憲枝氏
長岡技術科学大学 IITM-NUTオフィス コーディネーター
小山 博之氏
岐阜大学グローカル推進機構・地域国際化部門長
大谷 利行氏
松江市産業経済部まつえ産業支援センター長
中村 哲也氏
日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ 専務・チーフデジタルイノベーションオフィサー(CDIO)

第3回シンポジウム開催報告

2021年3月5日(金)13:30に第3回JIEPPシンポジウムが開催されました。第3回シンポジウムは、第1回・第2回シンポジウムでの学びを生かし、日印交流と産学連携に関する議論をより進化させることを目的に行われました。
産学連携に関する多様で先端的なグッドプラクティスの共有によって、日印交流を軸とした産学連携をグローバルに拡大し深化させるうえで求められるプラットフォームの役割に関し意見交換を行いました。
シンポジウムはオンラインで行われ、大学関係者や企業関係者を中心に115名が視聴しました。
総合司会は東京大学工学系研究科の渡邉聡教授が務めました。
相原博昭東京大学大学執行役・副学長/グローバルキャンパス推進本部長による開会挨拶に続き、吉岡路文部科学省高等教育局高等教育企画課国際企画室専門官および、サンジェイ・クマール・ヴァルマ駐日インド大使からご来賓挨拶をいただきました。

講演内容

基調講演
基調講演
藤井 輝夫(東京大学 社会連携・産学官協創担当理事・副学長)
藤井輝夫東京大学理事・副学長による基調講演では、「東京大学の未来社会協創」と題し、Society 5.0の実現に向け、より良い未来社会創りに貢献することを目的として本学に2017年7月に設置された未来社会協創推進本部(FSI)や、関連プロジェクトの一つとして実施されているOMNIの取組、および企業と未来ビジョンを共有し解くべき問いの段階から共に検討する産学協創の事例が紹介されました。
パネルディスカッション
パネルディスカッション
パネルディスカッションでは、堀田昌英東京大学新領域創成科学研究科教授の司会のもと、小林憲枝長岡技術科学大学IITM-NUTオフィスコーディネーター、小山博之岐阜大学グローカル推進機構副機構長/地域国際化推進部門長、大谷利行松江市産業経済部まつえ産業支援センター長、中村哲也日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ専務・チーフデジタルイノベーションオフィサーがパネリストとして登壇しました。

総括

シンポジウムの最後では、関村直人東京大学副学長から総括がありました。関村副学長は、第1回シンポジウム以降に得たプラットフォーム構築のポイントは、[1]大学の取組を結びつけること、[2]日印の地域を結びつけること、[3]産業界との協力を行うことだと考えており、今回のシンポジウムはこれらの各ポイントのグッドプラクティスや展望を示すものとなったことを説明しました。そして、産業界と大学では重視するものが必ずしも同じではない中で、協力関係を築いていくことが重要と指摘しました。大学としては、多様性の中に普遍性を見出し、知的交流をベースに日印交流を発展させていくことが重要と述べました。
また、今回のシンポジウムでは、コロナ禍にあっても、すでにネットワークを持っている人々同士がオンラインで交流することで、ネットワークのネットワークをつなげることができたと評価しました。そして、ポストコロナの時代にはこうした動きがきわめて重要になっていくので、これを基盤にプラットフォームを発展させていきたい、と期待を述べて総括を締めくくりました。
総括

過去のシンポジウムの開催報告

第1回シンポジウム
第1回シンポジウム
第2回シンポジウム
第2回シンポジウム