第1回シンポジウムを開催いたします!

キャッチ画像
平成29年度に選定された本事業では、各大学・機関で実施されている日印交流事業を貫くネットワークを形成し、多様な情報を横断的に共有することで、日印の大学、企業等とともに新たな交流を創出し、持続可能で強固な日印交流を発展させるプラットフォームを構築する取組を行っております。
今回のシンポジウムでは、各採択校大学の世界展開力強化事業(インド)で展開している事業活動の紹介、日印産学官連携で活躍されている第一人者や交流プログラムに参加した学生から体験を通じて得られたことを中心に発表し、参加者が一同に情報・意見交換を行うことで、新規の日印交流や人的ネットワークの拡大を目指します。

1.日 時

2018年12月20日(木)10時30分~17時30分(開場10時)

2.会 場

伊藤国際学術研究センター 謝恩ホール
住所:東京都文京区本郷3-7-1 東京大学本郷キャンパス内
TEL:03-3812-2111
MAPはこちら→https://www.u-tokyo.ac.jp/adm/iirc/ja/access.html

3.内 容


10:30~10:45 開会 主催者挨拶

【第1部】プラットフォーム構築プログラムの意義と展望

10:45~11:00 プラットフォームプログラムの紹介
11:00~12:00 基調講演 「日印知的交流の歴史と現代的意義(仮)」
12:00~13:30 ランチ・ポスターセッション
13:30~14:30 招待講演

【第2部】世界展開力強化事業(インド)の実績と今後

15:00~16:05 日印学生交流プログラム等体験者による報告発表
~さくらサイエンス、インド派遣プログラム等~
16:05~17:25 パネルディスカッション「日印産学官連携と人材育成(仮)」
17:25~17:30 閉会挨拶

4. 講演者・パネリストのご紹介

【基調講演】

■田辺 明生(たなべ あきお)氏


東京大学大学院総合文化研究科教授。同研究科グローバル地域研究機構南アジア研究センター長。
学術博士。歴史人類学・南アジア地域研究を専攻。
岡山県出身。1988年東京大学法学部卒業、93年同大学院総合文化研究科博士課程中退、93年東京
外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助手、98年京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研
究科助教授、2004年京都大学人文科学研究所助教授(後、准教授)、2009年京都大学大学院アジア・
アフリカ地域研究研究科教授などを経て、2016年より現職。著書に『カーストと平等性―インド社会の
歴史人類学』(東京大学出版会)、翻訳書にゴウリ・ヴィシュワナータン『異議申し立てとしての宗教』
(共訳、みすず書房)等がある。
 

【招待講演】

■Prof.Mahesh PANCHAGNULA

 Dean of International and Alumni Relations at Indian Institute of Technology Madras(September 2018-)

Prof. Mahesh Panchagnula, is an alumnus of IIT Madras (B. Tech.), and completed his higher studies
(M.S. and Ph.D.) in Mechanical Eng. from Purdue University. He is a Faculty In-Charge and Director
of IITM Incubation Cell and has been in teaching and research for over 20 years. He served as
Associate Professor, Assistant Professor at Tennessee Technological University from August 2005 to
 July 2010. Prior to joining Tennessee Tech, he gained holistic research experience in Lehigh University.
 Also, he served as a General Manager of Excel India since August 2002 until March 2004 and as a senior
 research engineer with Goodrich Aerospace.

小田 天平(おだ てんぺい)氏

東日本旅客鉄道株式会社 国際事業本部インド高速鉄道部門 次長
1991年入社。駅勤務等の後、人事部にて主に採用、教育計画策定等に携わる。その後、支社の人事部門、
サービス品質改革部門等、様々な業務を経験。2015年には海外鉄道コンサルティルテング事業を行う
子会社の日本コンサルタンツ(株)(JIC)にて組織・人事制度整備を進める。2017年より現職。
ムンバイ・アーメダバード間高速鉄道建設事業においてコンサルティングを行うJICを支援する形で、
同事業の運営主体であるインド高速鉄道公社職員の人材育成に関わっている。


 

参加申し込みについて

参加お申し込みはこちらから → https://goo.gl/forms/berY3KiX30o3NMUr1

チラシ


PDFダウンロード [4MB]
 

~下記QRコードからもお申し込みできます~