拠点一覧

ホーム拠点一覧学際・複合・新領域>拠点概要/学融合に基づく医療システムイノベーション

拠点概要

学融合に基づく医療システムイノベーション

専攻等名:
工学系研究科バイオエンジニアリング専攻、機械工学専攻、
精密機械工学専攻、先端学際工学専攻、物理工学専攻、マテリアル工学専攻
医学系研究科外科学専攻、生殖発達加齢医学専攻、生体物理医学専攻、
社会医学専攻、疾患生命工学センター
薬学系研究科分子薬学専攻、機能薬学専攻、生命薬学専攻、統合薬学専攻
生産技術研究所、先端科学技術研究センター
情報学環・学際情報学府
リーダー:
片岡 一則 教授(工学系研究科マテリアル工学専攻)

  日本は世界に先駆けて社会の超高齢化が進展し、そのための新たな社会システム構築が求められています。特に医療関連分野は、健康で安心できる社会つくりに不可欠なだけでなく、科学技術立国の中核産業として期待されます。そのためには、最先端の医・工・薬学を総動員した研究開発投資だけでなく、成果を社会還元するための受け皿としての事業化・産業化機会、金融・マスメディア等の発達と、科学技術の進歩に同期した政策・法律・規制・監視体制等の社会基盤整備が不可欠です。しかし、日本はこの基盤整備に立ち遅れ、最先端医工薬の科学・技術の総合的な理解、社会的側面への見識、国際的な広い視野に立った決断・行動力・経営力といった、領域横断的かつ実践的人材が若年層に不足しているのが実情です。

 

 一方、科学・技術発展の必然性から、医療分野への先端科学技術の導入は加速の一途を辿っています。先端医療の究極目標である低侵襲診断・治療、分子標的創薬、再生医療の実現に向けて、ナノテクノロジー・ナノサイエンスに立脚した医療体系、すなわち、ナノメディシン確立が必要です。ナノメディシンは、生体の機能や構造をナノスケールで理解するナノバイオロジー、生体の機能や構造に啓発されたシステムやデバイスを創成するナノエンジニアリング、上記の知識やデバイスを用いて生体をナノスケールで操作し医療へと展開するナノマニピュレーションの三つの柱を融合することにより実現されています。

 

 東京大学では、この三本柱で、既に強固な科学・技術的基盤を持ちますが、本拠点ではこれをさらに融合展開し、さらに社会・経済・経営的視点を取り入れることにより、真に社会より求められる先端医療システムイノベーションを多角的に発展させることのできる、社会先導型の国際的人材育成を目指します。具体的には、医工薬が緊密に連携する世界最先端の研究開発および先端医療を推進している現場に確固たる軸足を置きつつ、多様な事業化・産業の生の姿や現実の社会での経験を積む教育・研究ネットワークを形成します。このネットワークを最大限活用して、先端医療システム実現のための複合的科学分野を習得して、当該分野を先導する国際的人材を育成します。本拠点で育った人材が、ナノメディシンに代表される先端科学技術を理解・推進・評価できる力量とともに、社会経済領域にも広い視野を持ち、先端科学技術の新たな実用化・産業化を先導する役割を担うことを、参画する教員一同強く願っています。

拠点における人材育成構想拡大

 

医工薬融合による成果と相乗効果拡大

片岡 一則(かたおか かずのり)

1979年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。工学博士。
東京理科大学基礎工学部材料工学科助教授、教授などを経て
1998年より現職。