○東京大学地震研究所附属高エネルギー素粒子地球物理学研究センター規則
平成22年3月25日
制定
(設置)
第1条 東京大学地震研究所(以下「研究所」という。)に、附属研究施設として高エネルギー素粒子地球物理学研究センター(以下「センター」という。)を置く。
(目的)
第2条 センターは、研究所の設置目的に沿い、高エネルギー素粒子地球物理学に関連する研究を実施することを目的とする。
(構成)
第3条 センターに、センター長を置く。
2 センター長は、研究所の教授または准教授をもってあてる。
3 センター長は、センターを代表し、その管理運営を総括する。
4 センター長の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。
(運営委員会)
第4条 センターに運営委員会を置く。
2 運営委員会に関する事項は、別に定める。
(補則)
第5条 この規則に定めるもののほか、この規則の実施について必要な事項は、教授会の議を経て、センター長が定める。
附 則
この規則は、平成22年4月1日から施行する。