このページのトップです。
東京大学ホーム > 広報・情報公開 > 記者発表 > 研究成果発表一覧
space

広報

研究成果発表一覧

* 記者発表の情報については、発表日現在の情報になり、本日の情報と異なる場合がありますので、ご了承ください。

日付
記者発表
(2018年4月26日) わずか2分子の厚みの超極薄×大面積の半導体を開発
-生体センシングデバイスの開発に期待-
(2018年4月26日) 生きている細胞から臓器までのpHを蛍光で簡便に計測する技術を開発
(2018年4月26日) 原子磁石どうしが捻れて並ぶ現象のミクロな起源を解明
―新原理の情報記録技術をめざして―
(2018年4月26日) 葉の初期発生を制御する鍵遺伝子を発見
(2018年4月24日) 自律型海中ロボット「Tuna-Sand2」全自動生物サンプリングに成功
(2018年4月24日) 平衡状態は量子もつれの分布も普遍的
ブラックホールから電子まで共通する量子もつれ
(2018年4月20日) キラルセルフソーティングの機構を解明
(2018年4月20日) ダーウィンの時代ウォレスが注目したナガサキアゲハの擬態の謎に迫る
(2018年4月19日) 脂肪燃焼体質を作るには、寒さの感知とエピゲノムの変化が重要
エピゲノム(遺伝子の後天的修飾)を介した寒冷環境への適応機構の解明
(2018年4月18日) 超高精細な印刷はなぜできる?-銀ナノインクの不思議を解き明かす-
(2018年4月18日) 電圧による局所的な磁化反転に成功
~磁性細線中の磁区を利用した情報記録動作の低消費電力化に道~
(2018年4月18日) てんかんの原因タンパク質が神経細胞間の橋渡しをする仕組みを解明
(2018年4月17日) ゲノム編集ツールCRISPR-Cas9の動き方を解明
(2018年4月12日) クローン性造血のモデルマウスの樹立と解析
(2018年4月11日) 南鳥島レアアース泥の資源分布の可視化と高効率な選鉱手法の確立に成功
(2018年4月11日) 栄養環境に合わせた植物成長の最適化の仕組みの解明
(2018年4月11日) 嗅覚受容体遺伝子の比較が明らかにした霊長類嗅覚系の退化の要因
-目・鼻の形態変化、果実食から葉食への食性の変化-
(2018年4月9日) 分子を噛み合わせることで熱安定性の高い集合体を開発
~相補的分子表面という新たな結合概念~
(2018年4月9日) ペロブスカイト太陽電池の新素材「有機・無機ハイブリッド正孔輸送材料」を開発
(2018年4月9日) カイメンと共生する新属新種のイソギンチャク -三崎の磯から、世界初の共生生態の発見!-
(2018年4月6日) 研究者から高校生までをターゲットとする多機能仏典デジタルアーカイブ SAT2018がリリースされました
(2018年4月6日) 微生物のDNAを感知する自然免疫受容体Toll様受容体9(TLR9)が2種類のDNAによって活性化する機構を解明
(2018年4月6日) 加齢に伴う造血幹細胞の増加と特異な機能変化を発見
(2018年4月5日) 乾燥に強くなる植物ペプチドを発見 -植物の乾燥ストレス応答を紐解く新展開-
(2018年4月5日) アスタキサンチンの日焼け止め
~ハイパースペクトルカメラと電顕で見えてきたヘマトコッカス藻の強光回避戦略~
(2018年4月4日) 金属の磁性を電界で制御するためのミクロなメカニズムを解明
(2018年4月3日) これまでで最も遠方の単独の星の観測

 
space