.
仕事とひと

東大で、働く。

知と創造のエネルギーが躍動するキャンパスを、
あなたの仕事場にしてみませんか。

先輩の声 CROSS TALK REAL VOICE 人事部長 インタビュー
業務内容
down

職員の仕事には、
多種多様な業務があります。
本部や部局(学部、大学院、研究所等)における様々な仕事を通して、
教育の支援、研究の推進、社会への貢献、
そしてそれらを支える組織経営を行っています。

[対象業務]

事務:No.01〜12
図書:No.13
技術(情報システム):No.07
技術(施設系):No.14
技術(教室系):No.15

※No.07は事務・技術(情報システム)共通


01
教育・学生支援学生の歩みを支える
学生の大学入学から卒業・就職・進学までをサポート。 さらに、在学中の学修や海外留学・課外活動等において、 学生がよりよいキャンパスライフを送るための支援をしています。
学生募集・入学試験の実施
学生の修学指導、学籍・成績の管理、時間割編成
学生生活及び課外活動への支援
学生宿舎の管理運営、学生の福利厚生及び奨学金等の経済的支援
学生の海外留学及び国際交流活動の支援
学生のキャリア・就職及び心身の健康等に係る支援
留学生の受入・生活・日本語教育の支援

02
研究推進世界最先端研究の力に
大学における研究推進のための環境を整備。 学術の振興に関する企画立案、外部研究資金の戦略的獲得支援、 研究活動に関するルールの策定や検証等を行い、最先端の研究を見えない部分から支援します。
学術・科学技術政策に関する情報収集
全学的な研究力強化に資する施策の検討・実施
研究組織の設置・改廃に関すること
科学研究における行動規範に関すること
外部研究資金の獲得支援及び研究費の管理
総合研究博物館の運営管理

03
産学協創ビジョン共有、より良い未来社会に
未来のビジョンを企業と共有し、社会課題を解決する。
新たな価値創造に向けて、東京大学の知的資産と企業の経営資源の融合を図りながら、将来に到る社会課題の創出・解決、未来社会ビジョンの実現、より良い社会の構築を目指します。
大学と産業界との協創事業の創出と研究成果の事業化促進への支援
産学協創協定の締結
産学協創活動の企画立案、体制・制度の構築
産学協創を推進するパートナー企業との連携・運営支援
産学協創に係る共同研究・受託研究等の契約・管理

04
社会連携社会連携の展開と挑戦
「社会とともに歩む東京大学」をテーマに、公開講座やオープンキャンパスによる教育・研究活動の発信、東京大学基金の企画運営、卒業生との連携等を通して、社会とのネットワークづくりを推進します。
公開講座など「教育の社会連携」に関する企画・実施
オープンキャンパス等を通じた、教育・研究活動の発信と支援
自治体、企業等と連携した学生向けプログラムの企画・実施
コミュニケーションセンターの運営管理
伊藤国際学術研究センター*の施設運営等
教育・研究活動及び社会連携活動の充実支援のための東京大学基金の各プロジェクトの企画運営及び資金管理
卒業生ネットワークの充実とそれを活かした学生の支援
*社会連携及び国際交流拠点として設立された複合施設

05
産学連携法務社会と研究を繋ぐ
大学シーズを社会に、そしてイノベーションの創出へ。
東京大学の創造研究から生まれる成果や知的財産の創造・マネジメント・活用を図り、社会を変えるイノベーションの創出に貢献します。
大学と産業界との共同研究創出と研究成果の事業化促進への支援
共同研究などの研究契約に関する契約法務
特許、著作権、商標などの知的財産管理活用関連支援
産学連携活動に伴う利益相反管理
インキュベーション施設管理運営支援
産学連携推進活動の企画立案、体制・制度の構築

06
環境安全衛生最先端研究のリスクマネジメント
教職員、学生の安全と健康の確保は、最先端の研究・教育活動の根幹をなすものです。法令を遵守し、安全で快適な研究教育活動および労働環境を確保するとともに、それを維持・向上させるために教職協働で活動します。
安全衛生に関するイベント等の企画と実施
教職員・学生への環境安全衛生教育
教職員・学生の心身の健康管理と助言
防火防災の方針策定と防災訓練の企画・実施
化学物質や放射性物質等の管理と指導
事故災害情報の収集と再発防止への対策

07
情報システム教育・研究を支える情報基盤を構築
先端的情報技術を活用しインフラとコミュニケーション環境を整備するとともに、情報資源の最適化・効率化を実現し、迅速な意思決定、機動的運営を可能とする情報システム環境の構築と世界最高水準の教育研究と大学運営業務を支援するための情報サービスを提供します。
情報システムの情報戦略の策定・推進
情報セキュリティや情報倫理等のリスク対策
情報システムの導入・開発・運用支援
情報リテラシー教育の支援や情報サービスの提供
ネットワーク環境のインフラ整備・管理
学術情報リテラシーおよび図書館システムの運用・管理
スーパーコンピューターシステムの運用・管理
情報エキスパートの育成と能力開発

08
経営企画大学経営のプランナー
本学の経営戦略を企画し、その戦略を実行するための総合調整や役員の業務支援、また、世界から人材の集うグローバル・キャンパスの形成及び国際的プレゼンスの向上を目指した国際戦略及び国際事業を担当。
大学経営の重要事項の企画立案
役員の業務支援
役員会等の運営
大学の国際戦略の企画立案及び調整
大学の国際事業の戦略的推進
海外の大学等との国際学術交流協定の締結
外国人来訪者への対応
大学のIR(Institutional Research)活動

09
総務大学運営の要として
東京大学における法務・広報・庶務といった非常に広範囲の業務を担当。
また、大学管理部門の中枢として、役員および教職員の業務がスムーズに遂行されるよう調整を行います。
大学全体の業務の総括
式典、その他諸行事の運営
広報活動・情報公開に関すること
コンプライアンス・危機管理に関すること
法人評価・認証評価に関すること

10
人事東大人生のパートナー
教職員の採用から退職までをサポート。
プロフェッショナルな人材を養成するシステムの構築、戦略的な採用とキャリアプランニング、構成員の多様性拡大のための環境整備などに取り組みます。
教職員の採用、昇任、異動、能力開発
教職員の給与、諸手当の決定
教職員の服務、労働条件、福利厚生
職員の職務遂行評価関係
教職員の栄典、表彰
人件費の調査・分析

11
財務東大のファイナンシャルプランナー
効果的な予算計画の策定、教育研究活動に必要な物品の調達、出張に伴う旅費の手続き、多様な資金運用の実施、資産の管理・運用、決算書の作成、財務情報の分析・開示など東京大学の経営を会計の面から支えます。
効果的な予算計画の策定
教育・研究活動のための物品や設備の調達、契約
学会出席や課外活動のための旅費手続き
多様な資金調達・運用の実施
資産の管理・運用
決算書の作成、財務分析、財務情報の開示

12
医療支援先端医療と医学教育・研究を支える
本院の「臨床医学の発展と医療人の育成に努め、個々の患者に最適な医療を提供する」という理念を実現するため、 最前線で働く医療従事者が、より良い医療を提供し、質の高い教育や研究ができるようサポートします。
医療政策実現への貢献
教職員の働き方改革の推進、戦略的な人事施策の実施
医薬品・医療材料等の運用管理、施設・設備の維持管理
マーケティング分析に基づく病院経営
研究費の管理等による臨床研究支援
患者サービス等の診療支援
医療の国際化への対応、地域医療への貢献

13
図書学術情報流通を通じた知の創出支援
学術情報の収集・提供を通じて学習・研究活動をサポート。
これまでに蓄積されてきた膨大な「知」を次の世代に継承するとともに、 新たに創られる研究成果を世界に発信し、社会に還元します。
図書、雑誌、電子ジャーナル、電子ブック等、図書館資料の整備
(選定、購入、受入、目録、装備、配架、保存)
図書館資料の提供(閲覧、貸出、参考調査、ILL)
学術情報リテラシー教育の企画、実施
学習・研究支援空間の整備
学術機関リポジトリの運用
学術資産アーカイブズの構築
図書館情報システムの開発、運用
各種媒体による広報、展示、イベントの立案、運営

14
技術(施設系)インフラによる東大づくり
世界最高水準の教育研究を支えるキャンパスの創造。
「歴史的環境の継承」と「魅力あるキャンパスづくり」により、世界トップレベルの学生・教職員の集積と地域の活性化を目指します。
キャンパス長期計画の策定
施設劣化状況及び利用状況把握・点検・評価・カルテ作成
建築、土木、機械設備、電気通信設備工事の設計、積算、施工監理等
長期修繕実施計画の策定
建築、土木、機械設備、電気通信設備等の管理保全
温暖化・省エネルギー対策の実施
スペース利活用計画の策定及び資産価値の維持・向上
本部共通施設等及び宿舎施設の管理運営

15
技術(教室系)正確な研究成果を生む力
専門的な知識・技術を通じて、学術研究を技術の面から担う。
研究や実験・実習の技術支援と指導や、実験設備機器の開発・管理、実験結果の分析等を行い、正確な研究成果を生み出します。
研究への技術支援
実験・実習での技術指導
実験設備機器の開発、設計、管理
各種実験の分析、測定

return
My page