このページのトップです。
東京大学ホーム > 広報・情報公開 > 平成28年度文部科学省「学校施設の非構造部材の耐震対策先導的開発事業」
space

広報

平成28年度文部科学省「学校施設の非構造部材の耐震対策先導的開発事業」

本学の学生・教職員等の大学構成員が帰宅困難などで学内にとどまる場所(以下、学生等待機場所という)の安全を検討する目的で委員会を設置し、学内外の協力を得て調査・検討を実施しました。ここでは、その成果の概要を公開します。(平成29年3月)
 

注)
財源:平成28年度文部科学省「学校施設の非構造部材の耐震対策先導的開発事業」
委員会:清家剛委員長、川添善行委員、楠浩一委員、腰原幹雄委員、佐藤淳委員、田尻清太郎委員
学内外の協力:田中環境安全本部防火防災部長、高田被災建物応急危険度判定組織長、施設部、建築設計事務所

建物の構造は応急危険度判定で判定しますが、その他の天井、照明器具、扉、窓ガラスなど(非構造部材といいます)についてのチェックポイントや点検方法、待機場所を選択する上での留意事項などをまとめています。
また、標準的な施設の天井及びその他の非構造部材について、具体的な耐震化を検討し、コストや留意点等を整理しました。
概要以降の内容は、本学で扱いやすいものに調整したのち、順次部局に還元するとともに、本学応急危険度判定組織には詳細情報も併せて提供する予定です。
 
目次
1.概要
2.事業内容
  もくじ
  報告書の構成
  1章.事業概要
   1.事業概要について
   2.非構造部材の耐震化検討の概要
   3.現状調査の概要
   4.学生等待機場所の概要
   5.災害時調査のチェックポイントの概要
   6.非構造部材の点検シートの概要

 

space