このページのトップです。
東京大学ホーム > 大学案内 > 総長室から > 総長談論 > 明日の日本を支えるために―教育研究の危機を越えて― > 「明日の東京大学-危機に立つ財政」(説明会)のご案内
space
space
space

総長室から

| 総長室からインデックスへ |

「明日の東京大学-危機に立つ財政」(説明会)のご案内

平成22年10月4日

教職員・学生各位

「明日の東京大学-危機に立つ財政」(説明会)のご案内

 国立大学である東京大学は、日本そして世界の発展のために貢献する公共的な使命を担っています。その半面、皆さんの教育研究環境、安全・安心を支える基盤は、政府の予算によって支えられています。

 その予算が、危機的な財政状況の下、大きく減らされる恐れが出ています。平成23年度の予算編成に向けて、政府は、既存の事業を原則10%削減する一方、新規の事業については、「政策コンテスト」を実施し、国民からの意見募集(10月19日まで)の結果を踏まえて優先順位を決めようとしています。

 このような動きの中で、東京大学にどのような影響が生じるのか、例えば授業料、施設・設備、研究費などがどうなるのか、私たち大学関係者はどう考え、行動すべきか、下記のとおり、皆さんと共に考える場を持ちたいと考えています。

総長と理事が直接皆さんにお話をし、ご意見をお聴きします。奮ってご参加下さい。

 

 

1.日 時 平成22年10月12日(火)16:30-18:00
2.場 所 安田講堂    
3.内 容 「明日の東京大学」 濱田純一総長 [資料]PDF  
    前田正史理事(財務担当) [資料]PDF  
  ※ 総長・理事の説明の後、参加者と質疑応答 [質疑応答まとめ]
4.その他 参加登録は必要ありません。直接会場にお越し下さい。

 

<参 考>

① 平成23年度予算に関する本学の考え方

 本ウェブサイト「明日の日本を支えるために-教育研究の危機を越えて-」では、次のような情報を掲載しています。

・ 「平成23年度概算要求基準の決定を受けて」(平成22年7月27日)

・ 「平成23年度概算要求・要望の発表を受けて」(平成22年9月21日)

・ 「財政健全化で予算大幅減なら…大学システム崩壊招く『強い人材』育成に投資を」

    (日本経済新聞 平成22年7月19日 朝刊19面)

② 「政策コンテスト」に関する意見募集(パブリック・コメント)

 首相官邸のウェブサイトhttp://seisakucontest.kantei.go.jp/ を参照下さい。

 

③ 「政策コンテスト」に関する国立大学協会の対応

 国立大学協会から示された、パブリックコメントへの対応に関する参考情報については、東大ポータルサイトhttp://www.ut-portal.u-tokyo.ac.jp/gakunai/ を参照下さい。

(お問い合わせ先)

 本部企画課

 鈴木・古谷

 kikaku@ml.adm.u-tokyo.ac.jp

 

space