このページのトップです。
東京大学ホーム > トピックス一覧 > 2017年 > ハブの進化が語る南西諸島の成立/服部正策のハブ学@鹿児島県 | 広報誌「淡青」35号より
space
掲載年
フリーワード
space
space

トピックス

ハブの進化が語る南西諸島の成立/服部正策のハブ学@鹿児島県 | 広報誌「淡青」35号より (広報室)

2017年11月14日掲載

実施日: 2017年09月08日

ハブ学 @ 鹿児島県
 
島ごとに特徴が違う日本固有の毒蛇
ハブの進化が語る南西諸島の成立

日本固有の毒蛇、ハブ。奄美大島でこの毒蛇と日々向き合うだけでなく、島ごとに違うハブの進化を通して南西諸島の成立過程を考える研究者がいます。ハブをhubに、蛇の生態と500万年規模の地理的変遷をつなげる服部ハブ学。触れても噛まれることはありません。
 
服部先生顔写真書籍

服部正策/島根出身
Syosaku Hattori
医科学研究所奄美病害動物研究施設
特任研究員

服部先生の本(共著)
『マングースとハルジオン』(岩波書店/2000年刊/1900円+税)

 

奄美大島の鮮やかな「金ハブ」。

ハブの脱皮殻について小学生に説明中。
  
東京大学医科学研究所奄美病害動物研究施設は伝染病研究所大島出張所を前身とする。初代研究者の北島太一はハブの採毒所として建設したと記録があるので、100年以上前からハブの研究を続けていることになる。それほど、ハブは興味の尽きることがない毒蛇である。

100年ほど前の奄美大島や沖縄で、ハブ、キノボリトカゲ、イシカワガエルなどの日本本土とは異なる動物を目のあたりにした生物学者たちは、アジア南部から北上した動物たちの生き残りの地と認識し、南西諸島の屋久島と奄美大島の間に渡瀬線という生物境界線を提唱した。500万年前から200万年前頃に南西諸島が陸橋になっていた時期があり、その時代に南から北上してきた東洋区の動物の末裔が暮らす島という「南方からの渡来説」である。

奄美群島と沖縄島周辺を「中琉球」と呼び、世界自然遺産登録を目指している。最大の売りは固有種の多さである。アマミノクロウサギ、トゲネズミ、ルリカケス、ハブ、イシカワガエルなどの、世界に近縁種が見つからない多くの固有種が生息している。ハブの近縁種は八重山諸島、台湾、中国南部などに生息しているが、ハブとの間には1000万年くらいの遺伝的距離が推定されている。島伝いに渡来してきたという説では説明できない遺伝的距離がある。このことは、中琉球に移住せずに大陸に残った種のほとんどが絶滅してしまったことを強く示唆している。

渡瀬線のほかにも蜂須賀線という生物境界がハブの住む久米島と宮古諸島の間にもある。この二つの生物境界が大陸側にまで続いていたとすれば、それは古黄河の河口と古揚子江の河口であった可能性が高い。黄河と揚子江の間の現在の大陸棚の位置に残された中琉球の固有種の祖先たちは、その後に訪れる氷河期に絶滅したという仮説が、中琉球の動物の固有性を説明する時に最もわかりやすい。南西諸島が成立した時期は地球の温度が次第に低くなった時期であり、この時期には生物は北上せずに南下していたはずである。大陸のはずれに現われた陸地は、東シナ海の拡大により大陸から切り離されて黒潮の南に浮かぶ島になり、移り住んだ生物たちは気候の寒冷化に耐えることができたという「中新世の方舟説」である。
 

中琉球の成立過程の想像図。
中琉球は200万年前頃に大陸から切り離されたと考えられる。
ハブは中琉球の中でも進化を続け、沖縄島、沖縄周辺離島、徳之島、奄美大島、宝・小宝島の5地域で、ハブ毒の成分、模様や色彩、大きさや形態、習性などに大きな違いが表れている。奄美大島、徳之島に特徴的なハブ毒中の強い筋壊死因子などは最たるものである。

江戸時代末期からハブの買い上げ記録があり、当時の相場がハブ1匹米1升であったという。買い上げは現在も続いていて、今日の相場は1匹3千円で、年間1万5千匹が奄美大島で捕獲されている。今でも極めて身近な毒蛇として恐れられていて、ハブ咬傷対策の講習会を年間20回ほど学校、公民館などで開催している。ハブの脱皮殻、ハブの牙、ハブの習性、ハブ毒の特徴、応急手当、病院での治療法と予後までを、生きハブ、標本などを観察しながら詳しく解説し、最新の情報を提供して、同じ島に暮らすハブとの共存を目指している。
※本記事は広報誌「淡青」35号の記事から抜粋して掲載しています。PDF版は淡青ページをご覧ください。



 
space