このページのトップです。
東京大学ホーム > 東日本大震災 <東京大学の対応について> > 東日本大震災発生から1ヶ月【濱田総長メッセージ】
space

東日本大震災 <東京大学の対応について>

東日本大震災発生から1ヶ月【濱田総長メッセージ】

平成23年4月11日


  東日本大震災の発生から本日で1ヶ月が経ちました。

 東京大学では、この間、被災された皆さまや地域に向けて、救援物資等の搬送や医療活動などの救援活動を行ってまいりました。被災地域では、未だ非常に多くの皆さまが不安に耐えながらも、周囲の方々と共に協力し合い、この事態を乗り越えようと懸命に努力をなさっておられます。

 私も4月8日に、東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センターの所在地であり、被災地でもある岩手県大槌町を、救援物資の搬送と今後の復興支援の打合せのため訪れてまいりました。大槌町及び同センターはこのたびの地震と津波によって壊滅的な被害を受けました。実際に被災の場に立って、自然の力のすさまじさ、生命の尊さ、そして地域の方々からの支えや人の絆の有り難さなどについて、改めて思いを深くしたところです。

 東京大学の構成員の皆さんも、おそらく同様の思いをお持ちのことと思います。本日は、大震災の発生からちょうど1ヶ月目にあたりますので、地震発生時刻である午後2時46分に哀悼のお気持を捧げるなど、このたびの大震災によって尊い命を失われた多くの方々のご冥福を心からお祈りし、被災された皆さまの深い悲しみや苦しみに対する思いを、各々ができる形で表していただければと思います。

                            
東京大学総長 濱田純一 

 

space