このページのトップです。
東京大学ホーム > 国際交流 > 大学の世界展開力強化事業
space

グローバル化に向けた取組み

大学の世界展開力強化事業

大学の世界展開力強化事業


「世界に雄飛する日本として誇れる人材の育成を目指し、国際的な枠組みで、単位の相互認定や成績管理等の質の保証を図りながら、日本人学生の海外留学と外国人学生の戦略的受入を行うアジア・米国等の大学との協働教育による交流の取組を支援する。」(文部科学省ウェブサイトより)プロジェクトで、本学では以下のプロジェクトにより学生交流を進めています。

H23 公共政策・国際関係分野におけるBESETOダブル・ディグリー・マスタープログラム
北京大学、ソウル大学校、東京大学三大学(BESETO)の間でコンソーシアムを形成し、公共政策・国際関係分野における大学院レベルの交換留学または/及びダブル・ディグリー(本学及び北京大学あるいはソウル大学校いずれかから学位を取得する)を推進します。(詳しくはこちら

H23 巨大複雑システム統括エンジニア育成に向けた国際協働教育プログラムの創出
工学教育・研究のトップに位置するマサチューセッツ工科大学(MIT)、カリフォルニア大学バークレー校(UCB)、インペリアルカレッジロンドン(ICL)、スイス連邦工科大学(ETH)、スウェーデン王立工科大学(KTH)、フランスグランゼコールのトップ5校の連合体等と東京大学工学系研究科が連携して、自然・人間・社会活動が複雑相互連関する巨大複雑システムの計画設計・構築と運営管理・制御を担う統括エンジニアに求められる素養を涵養する国際教育環境を協働して形成するプログラムです。(詳しくはこちら

H24 アジア都市環境保健学際コンソーシアムの形成
東京大学工学系研究科都市工学専攻と医学系研究科国際保健学専攻が連携し、交流実績のあるタイとインドネシアの複数の大学と協力して都市環境保健国際コンソーシアムを形成し、質の保証を伴ったカリキュラムと単位互換制度を構築し交流を進めるプログラムです。

H26 日印産官学連携による技術開発と社会実装を担う人材育成プログラム
東京大学工学系研究科による、技術開発・改良改善を支える能力の涵養に留まらない、研究開発成果に基づく起業・事業化、国際社会への実装、事前事後評価、そして革新へ向けた展開力を有するグローバルでタフな人材像を目標とするプログラムです。

H26 自然科学と社会基盤学の連携による日露学生交流プログラム
東京大学の自然科学諸分野(物理学、化学、生物学、地球惑星科学)と社会基盤学分野が中心となってロシアのトップ大学と連携し、先端基礎科学分野の教育・研究の緊密な協力関係を構築することによって、将来の日本とロシアの連携の要となる若手人材を両国において育成するプログラムです。

H27 エネルギーシステムと都市のレジリエンス工学日土協働教育プログラム
わが国の理工学分野のリーダー人材教育をリードしてきた東京大学と東京工業大学が、イスタンブール工科大学、中東工科大学などのトルコのトップ大学と協力し、在トルコ日本大使館を含む日本政府、トルコ政府の支援も得て、国際競争力の高い共同研究を行う研究教育拠点を形成するとともに、リーダー人材を含む幅広い人材育成を行うことを本プログラムの目標とする。そのため、共同研究、交換留学・インターンシップ、教員派遣、学生交流、ウェブ講義や遠隔講義などによる理工学教育プログラムを構築し、研究機関や官公庁、民間企業等、幅広い分野で国際的に活躍できる次世代の研究者、技術者を養成する。

H27 チリ・ブラジルとの連携による理工フロンティア人材の育成
本事業の第一の目的は、チリおよび本学が世界をリードする天文学・宇宙科学の分野とブラジルおよび本学が先導的地位にある海洋技術・航空技術の分野において、世界トップレベルの共同研究を推進する過程で、教育・研究の緊密な協力関係を築くことにある。第二の目的は、チリ・ブラジルの大学教員・研究者・技術者とともに、国際的な視野を持ち、科学・技術のフロンティアで活躍することのできる若手人材を育成することである。

 
 
 
space