このページのトップです。
東京大学ホーム > 教育・学生生活 > 『本郷の学生生活』(ハンドブック)
space
space
space

その他のサポート

『本郷の学生生活』(ハンドブック)について



 『本郷の学生生活』は、本郷地区キャンパスに所在する学部・研究科等へ入進学してきた学生の皆さんに向け、学生生活上の概ね共通的な手続やその他知っておくとよいと思われることをまとめたもので、昭和31(1956)年から発行されてきた歴史あるハンドブックです。

  本学では、「教育研究の活動を自らの発意と責任において実施」する自律的な組織単位としての各学部・研究科等(一般に「部局」と呼ばれます。)において、「教育研究上の目的」や「教育課程」等に係る諸規程がそれぞれ定められており、これに応じて事務を行う組織もまた原則としてそれぞれに置かれています。(「東京大学基本組織規則」、「東京大学学部通則」等)
 このような中、皆さんの教務・学生支援等に係る事務は、原則として学部・研究科等の部局ごとに置かれた担当組織(部局によって、[○○学部]教務課、学務係、学生支援チームなどの組織名で呼ばれます。)により担われていますが、特に本郷地区キャンパスでは、全学的・共通的業務として本部事務組織・室等の全学組織により担われているものもあります。

 一般に、学生生活に係る手続等については、まず皆さんの所属先部局の教務・学生支援担当窓口で尋ねることが多いかと思われますが、学部便覧・大学院便覧などと併せて当冊子を参照することで、あらかじめ概要を知っておき、あるいは手元で少し調べてみることもできるかと思われます。当冊子を適宜活用され、皆さんが充実した学生生活を送られることを期待しています。 ―――本部学生支援課


『本郷の学生生活 2017』(PDF)
〔参照上の注意事項〕
○紙媒体の冊子は、本郷地区に所在する各部局への新規入進学者(毎年度約8,000名)にのみ配付されます。
○掲載事項(手続内容・担当窓口等)はあくまで冊子発行時点のものであり、最新のものとは異なる場合があります。


------------------------------

【注】本件の募集は終了しました。

◎『本郷の学生生活 2018』表紙デザイン案 公募(本学学生対象)

  【副賞:図書カード1万円分(予定)/締切:平成29年11月13日(月)】

平成30(2018)年度版の作成に当たり、次の要領で表紙デザイン案を募集します。

○応募資格
東京大学(学部・大学院)に在学中の学生(研究生、聴講生、科目等履修生を除く。)
 
○募集内容
本郷キャンパスをテーマとしたイラスト・絵又は写真を中心素材として作成した、『本郷の学生生活』の表紙デザイン案

次の募集要項を確認の上、応募用紙と作品データファイルを添えて、ふるってご応募ください。
 

『本郷の学生生活2018』表紙デザイン募集要項 【募集終了】

 

『本郷の学生生活2018』表紙デザイン応募用紙 【募集終了】

------------------------------

◎『本郷の学生生活 2018』表紙デザイン案の選考結果について

平成30(2018)年度版については、昨年度までに引き続き、表紙デザイン案を本学学生から公募しました。
多くの応募作品があった中で、関係教職員一同により審査の結果、 風間 達至 さん (法学部4年)による作品『舞いあがれ』が入選となり、平成29年12月4日に、石井理事・副学長から副賞の授与が行われました。
『本郷の学生生活 2018』は、平成30年度に本郷地区の各学部・研究科へ進・入学する学生(約8,000名)に配付されます。

また、入選作品の他にも、それぞれ魅力のある多くの力作が寄せられました。応募された学生の皆さん、ありがとうございました。

〔副賞授与の様子〕

(左:石井理事・副学長/右:風間さん)

風間さんによる作品解説(抄):「風がとても強い日で、教室を出て降ってくるイチョウの葉を浴びながらふと見上げると、金色のイチョウが青空に舞いあがっていくような光景が見られ、持っていたカメラで無我夢中で撮影しました。自然の美しい本郷キャンパスに愛着を感じてもらえたら嬉しいです。」

〔過去の『本郷の学生生活』表紙(抜粋)〕
『本郷の学生生活』過去の表紙例

 

space