このページのトップです。
東京大学ホーム > 教育・学生生活 > 入学式・卒業式・学位記授与式 インデックス > 式服(アカデミックガウン)の着用について
space
space
space

行事・広報活動

卒業・修了生の式服(アカデミックガウン)の着用について
Academic gown for the graduation ceremony       

平成28年3月に卒業・修了予定の学生が着用する式服(アカデミックガウン)に係る取扱いについては、次のとおりとします。
Students who are graduating in March 2016 may rent or purchase academic gowns through the following procedures.


◆レンタル・購入方法 How to rent/purchase
卒業・修了予定者による式服(ガウン)のレンタル・購入については、次の東大生協Webサイト上で申込を受け付けます。
Students who are graduating may rent or purchase academic gowns through the following UTokyo Co-op websites.
 
  
【申込サイト order site】 http://www.mail.utcoop.or.jp/gown/ (日本語/English)


       レンタル受付期間:平成28年1月25日(月) ~ 平成28年2月26日(金)

       Application period for rent:  January 25, 2016  ~  February 26, 2016

            (購入の申込は、原則として通年受付されています。)

〈留意事項 Note〉

・式服(ガウン)の数量には限りがあり、希望者が多数の場合は先着順となりますので、ご了承ください。
 As we have only limited numbers of gowns in stock, they are offered on a first-come, first-served basis.
・式服(ガウン)の受取りに先立ち、卒業・修了見込証明書又はそれに代わる証明書等を東大生協の担当窓口で提示する必要があります。
 Present your graduation letter to UTokyo Co-op.
・卒業式・学位記授与式に先立つ公的な式典で式服(ガウン)を必要とする場合や、Webサイトからの手続が行えない場合などは、事前に東大生協第二購買部窓口へご相談願います。
 If you have any difficulties, please contact the Hongo Campus Co-op Store 2 Service Counter in advance.


〈参考:申込後の流れ Flow〉

 1.Web申込 web-order 
  2.料金支払及び卒業・修了見込証明書の提示 pay, present your graduation letter
  3.式服(ガウン)受取 receive ……………事前に申込時の指定住所あてに配送されます。
 4.式典当日 ceremony …………………式典当日にはガウンの受取はできません。
 (5.〔レンタルの場合のみ〕返却 return ……所定の期日までに所定の方法で返送してください。)

 


◆料金・サイズ Charges/Size

式服のレンタル・購入に係る料金及び用意のあるサイズは、下表のとおりです。

  レンタル Rent 購入 Purchase
学士・修士・博士用
Bachelor, Master, Doctor
10,800円
(M, L)
45,000円
(S, M, L)
法科大学院用
Law school
12,528円
(M, L)
---

 


◆仕様・見本 Sample

式服は、下表の区分によるガウン・フード・帽子を着用し、専攻分野等に応じた所定色の銀杏柄ワッペンを左袖に装着するものとなっています。
(注)学研合同会議了承(平成14年10月21日・平成15年1月20日)等による。
 

博士課程用
Doctor

修士課程用
Master (*)

学士課程用
Bachelor

法学政治学研究科
法曹養成専攻
(法科大学院)用
Law school (*)

博士ガウン写真

修士ガウン写真

学士ガウン写真

法科大学院用


* 門職学位課程のうち、工学系研究科原子力専攻、医学系研究科公共健康医学専攻、公共政策学教育部公共政策学専攻の修了生は、修士用ガウンを着用することとなっています。
 Students graduating from the Graduate School of Public Policy, Nuclear Professional School, and School of Public Health should request the gowns for a “Master’s” degree.



〈参考:式服の着用方法 How to wear the gown〉

1. ガウンを着用する。 Put the gown on like a jacket or an overcoat.

 

2.フードを黒い紐が前・下向きになるように着用する。 Place the hood over the top with the looped string pointing down and to the front.

ガウン着用写真

 

黒い紐を前・下向きにした写真

 

 

 

3.ネクタイを着用している場合は、ネクタイをフードの前側に出す。 If you are wearing a tie, pull it over through the hood.

 

4.フードの黒い紐をシャツのボタンに掛け固定する。 Anchor the hood by passing a shirt button through the loop in the string.

ネクタイを出している写真

 

黒い紐をシャツのボタンに掛けて固定している写真

 

 

 

5.角帽はマジックテープが後ろ側にくるように被り固定する。房は左前側にたらす。 The mortarboard is worn with the Velcro tape at the back. The tassel is place to the front and on the left.

 

6.安全ピンでとめるワッペンは左袖横側につける。 The emblem is placed on the left sleeve.

角帽をかぶり,左前に房をたらした写真

 

左袖横へワッペンをつけた写真

space