このページのトップです。
東京大学ホーム > 大学案内 > 総長室から > グローバル・アドバイザリー・ボード
space
space
space

総長室から

東京大学グローバル・アドバイザリー・ボード



グローバル・アドバイザリー・ボードとは

東京大学では、国際的プレゼンスを高めるための戦略を策定し、大胆なアクションを起こすことを目的として、総長諮問委員会であるプレジデンツ・カウンシルを2006年に設置。約10年間にわたり、計12回の会議 を行ってきました。その機能を強化し、全学で支える新たな組織として生まれ変わったのが、東京大学グローバル・アドバイザリー・ボード (The UTokyo Global Advisory Board) です。東京大学の将来への展望と戦略、様々な課題について、国際的で多角的な視点から助言・提言や支援を行うことを目的としています。

<東京大学グローバル・アドバイザリー・ボードの目的>
・東京大学の目標や戦略に対するレビューと助言
・特定のアクションについての議論と、進むべき方向性の提示
・研究・教育力の強化のための助言
・東京大学基金形成についての助言
・グローバル・ネットワーク拡充の支援
 

トピック期待される女性の活躍
 
2016年11月25日、伊藤国際学術研究センターにおいて、第12回プレジデンツ・カウンシルが開催されました。今回は15名のメンバーが参加し、五神総長や役員と意見交換を行いました。
 
議論の中で注目された話題のひとつが「女性の活躍」です。「東京大学の概要」2016年度版によると、東大における女子学生の割合は、学部生で約20%、大学院生で約28%となっています。メリーランド大学・ジョンズホプキンズ大学特別栄誉教授のリタ・コルウェル氏は、学術界における女性の役割の重要性を強調するとともに、今回の会議参加メンバーのうち女性が2名のみであることにふれ、今後はより多くの女性メンバーに参加を呼びかけるべきとの見方を示しました。
 
会議の最後には東京大学が今後実現すべき施策をまとめた「アクション・プラン(仮)」が発表され、その項目のひとつとして今後の会議(グローバル・アドバイザリー・ボード)における女性参加者の数を増やすこと、また生徒および教職員の男女差を是正するための努力を行っていくことについて意見が一致しました。


 

会議

東京大学グローバル・アドバイザリー・ボードは、年に1回程度、委員を招集して会議を開催し、本学に対する助言や提案を行います。議論の内容は報告書としてまとめ、学内の各種会議を通じて周知するとともに、対外的に活用する予定です。

<これまでの会議>(プレジデンツ・カウンシルを含む)
 
開催地 会議名 関連資料
2006 東京 第1回プレジデンツ・カウンシル 東京大学紹介 [1.9MB]
本会議討議用資料 [1.5MB]
2007 ロンドン 第2回プレジデンツ・カウンシル 本会議討議用資料 [125KB]
2007 東京 第3回プレジデンツ・カウンシル 本会議討議用資料 [304KB]
2008 ニューデリー 第4回プレジデンツ・カウンシル 本会議討議用資料 [115KB]
2008 東京 第5回プレジデンツ・カウンシル 本会議討議用資料 [648KB]
2009 東京 第6回プレジデンツ・カウンシル  
2010 ニューヨーク 第7回プレジデンツ・カウンシル  
2010 東京 第8回プレジデンツ・カウンシル  
2011 ジュネーブ 第9回プレジデンツ・カウンシル  
2013 バンコク 第10回プレジデンツ・カウンシル  
2014 東京 第11回プレジデンツ・カウンシル  
2016 東京 第12回プレジデンツ・カウンシル 本会議討議用資料 [1.3MB]
総括・アクションプラン(仮) [468KB]
 

委員

2017年4月3日 作成中
space