このページのトップです。
東京大学ホーム > 留学生の方へ > 国民健康保険に加入したい
space
space
space

健康と安全

国民健康保険に加入したい

国民健康保険

どんなに健康に自信がある人でも、いつ病気やケガをするかわかりません。国民健康保険(国保)は、病気やケガをしたときに、国、地方自治体及び個人が医療費を分担し、経済的な心配をすることなく医者にかかれることを目的とした医療保険制度の一つです。
日本に3か月を超えて滞在する留学生は、すべて国保に加入することが義務付けられているだけでなく、留学生の皆さんの意思により、任意に脱退することもできません。
国保への加入手続きは、住民登録を行った区役所等の国民健康保険担当課の窓口で行います。在留カードまたは外国人登録証を持参して手続きを行うと、後日、国民健康保険被保険者証(保険証)が交付されます。
毎月の保険料は、区役所等ごとに多少異なり、また、アルバイト等による所得が多いと支払額も増加します。ただし、保険料の減額制度もあります。詳しくは区役所等の国保担当課の窓口で相談してください。
保険医療機関で診療又は薬剤を受けるときに、保険証を提示すれば、健康保険法の適用を受ける医療費総額のうち、一部負担金として30%を支払うだけで、診療又は薬剤を受け取ることができます。

本件に関する照会先
所属する部局の留学生担当窓口又は国際部留学生・外国人研究者支援課 内線22515・22533


space